コーポレートパーチャシングシステム(CPS)

クラウドシステムやアフィリエイト広告をはじめ、複数のサプライヤーへの支払いを一本化。諸経費精算の事務効率化のソリューションを提供します。

CPS導入で精算事務が大幅に軽減

「コーポレートパーチャシングシステム(CPS)」は、通信費・IT関連サービス費等の高額な取引やオフィス関連の事務用品・備品等の購入時に発生する煩雑な事務の合理化を目的として開発されたシステムです。現在お取引きのあるサプライヤーとの取引形態を変えることなく導入ができ、大幅な業務効率化とコスト削減が実現可能です。

CPS導入例

新規でコーポレートパーチャシングシステムをご利用いただいた場合

(現状)サプライヤーに個別にお支払い

(現状)サプライヤーに個別にお支払い
  • 支払先、支払い日やレポートのフォーマットがバラバラ
  • 集約作業が毎月発生
  • サプライヤーごとに振込手数料が発生

(CPS導入後)ダイナースクラブでお支払いを一本化

(CPS導入後)ダイナースクラブでお支払いを一本化
  • 事務の省力化
  • お支払いまでのユーザンスを確保
  • 振込手数料軽減
  • カードレスでシンプルに管理

すでにクレジットカードで決済している場合

今まで利用可能枠の関係で複数のカードを利用していた支払いを、利用可能枠を懸念することなく一本化できます。
とくに、クラウドサービス等のIT関連サービスをはじめ、取扱金額の高い商材でも、一本化が実現します。

(現状)複数のカードを利用

(現状)複数のカードを利用

IT関連サービスの支払いが増加し利用可能枠に達したため、個人カードや複数のコーポレートカードを利用。

(CPS導入後)ダイナースクラブでお支払いを一本化

(CPS導入後)ダイナースクラブでお支払いを一本化

お取引状況に合わせて、企業ごとにご利用可能枠を設定します。

CPS導入のメリット

企業のメリット

  • 支払いをダイナースクラブへ一本化
    各部署・事業所での支払/複数サプライヤーへの支払いを一本化することで事務の省力化につながります。
  • 企業ごとにご利用可能枠を設定
    お取引状況に合わせて、企業ごとにご利用可能枠を設定します。
  • 集計・管理業務の省力化
    集計レポートをダイナースクラブがご提供するため、集計・管理業務の省力化が実現します。
  • キャッシュフローの向上
    お支払いまでのユーザンスが確保され、キャッシュフローの改善につながります。

CPS利用店のメリット

  • 請求業務の大幅な軽減
    お取引法人や部署ごとに生じていた請求業務の大幅な軽減につながります。
  • 入金管理業務の簡素化

取扱商材例

システム関連 クラウドサービス使用費用
広告関連 リスティング広告費用
通信関連 携帯電話・固定電話回線使用料、通話料
電報費用
プロバイダー使用料
消耗品関連 雑誌・書籍購入費用
文房具購入費用
新聞・WEBマガジン購読費用
  • ダイナースクラブと加盟店契約のある加盟店が対象となります。また、一部加盟店では利用できない場合があります。
  • 各経費の取り込み可否に関しては、下記までお問い合わせください。

あわせてご活用ください

ビジネス経費利用分析ツール「Global Vision®(グローバル・ビジョン)」

ビジネス経費利用分析ツール「Global Vision® (グローバル・ビジョン)」

CPSに加えて「Global Vision®」を導入いただくことで

  • お手元のPCからいつでも分析が行えるようになります
  • ご利用実績の詳細をいち早く入手できます
  • 経費データの検索、分析の幅が格段に広がります

経費の支払いを貴社に最適にカスタマイズ
「コーポレートカードシステム」

社員個人の経費の支払いを一本化し、貴社に最適な形でカスタマイズ。

国際航空券の精算事務の一本化
「コーポレートトラベルシステム」

国際航空券の精算事務を一本化することで精算事務の煩雑化を抑制。

お問い合わせ

ダイナースクラブ法人営業部

03-6871-9189

月~金 8:45~17:00/土・日・祝休