ホーム > エンタテイメント > アーティストサポートファンドのご紹介

Diners Club Artist Support Fund

アーティストサポートファンドのご紹介。

活動報告についてはこちら

才能ある若手音楽家に上質な演奏の機会を提供する目的で、2012年からダイナースクラブはアーティストサポートプログラムを運営しています。

さらにこのサポートプログラムを発展させることを目指し、東京藝術大学の学生が、普段生の音楽に触れる機会のない方へ音楽を届ける「音楽アウトリーチ」活動を、皆様のダイナースクラブ リワードポイントを活用して応援するプログラム「ダイナースクラブ アーティストサポートファンド」を発足しました。ぜひ応援してください。
若手演奏家のサポートを目指す本プログラムへのご支援をお待ちしています。

アーティストサポートファンド 概要

募集内容 ポイントによる寄付。
ポイント数 1,000ポイント/1口より受け付けます。
寄付先 東京藝術大学音楽学部で開催されている「音楽アウトリーチ」プログラムへの支援。
結果報告 「音楽アウトリーチ」プログラムで開催されたコンサートの実施報告。
年に一度の総括報告。
お申し込み方法 ダイナースクラブ リワードプログラム ウェブサイトよりお申込ください。

【活動報告】

アーティストサポートファンド実績報告

音楽アウトリーチ活動の実施報告

気仙沼での音楽アウトリーチ体験リポート

東京藝術大学教授 佐野 靖先生からのコメント

東京藝術大学では2010年度から「音楽アウトリーチ」活動を授業の一環として取り入れ、年間30件程度、幼稚園や学校、病院などでコンサートやワークショップ、指導を行っています。「音楽アウトリーチ」は、ただコンサートを学外で行う、というものではなく、学生が主体的・創造的にコンサート、ワークショップやレクチャー等の活動プログラムを構想・展開します。そのためには、受け入れてくださる機関等と事前に打合せを行い、課題を共有しながら内容を工夫し、さらに事後の反省を次の機会につなげていくというプロセスが大切となります。すなわち、「音楽アウトリーチ」は、学生が音楽家として多面的に成長していくための、重要な役割を担っているのです。

現在、本活動は基本的にボランティア活動として行っており、演奏する学生は交通費も自費で賄っている状況です。この度ダイナースクラブの皆様にご支援いただくことで、本活動の更なる発展や展開が可能になると期待しています。

音楽アウトリーチとは?

日ごろ文化芸術に触れる機会の少ない方々に、文化芸術に触れる機会を提供する事業。音楽の分野では、音楽家と聴き手が双方向に関わり合いながら音楽を味わう活動として注目され、多様な実践が行われています。
東京藝術大学では、講義で実践及び研究のための基礎的な知識を身に付け、それを基に学生自らが主体的・創造的に活動プログラムを企画、提案、実践しています。幼稚園や学校、病院等で、コンサートやワークショップ、レクチャーや指導が展開されています。

アーティストサポートファンドのお問い合わせは、ダイナースクラブ コールセンターまで

0120-074-024

24時間/年中無休