Event Report

ダイナースクラブ アーティストサポート プログラム 2周年記念スペシャルコンサート

2周年という節目を迎えたダイナースクラブ アーティストサポートプログラムを記念したスペシャルコンサートが、サントリーホール ブルーローズで開催されました。

2014年10月23日開催

東京藝術大学出身の若手音楽家に上質な演奏の機会を提供し、その才能をサポートすることを目的にした当プログラムの成果のお披露目としては初の試み。

先陣を切ったのは尺八の藤原道山さん。トークで会場を和ませるが、古典「鶴の巣ごもり」から賛美歌「アメイジング・グレイス」を吹き始めると会場の空気は一変。楽器がシンプルだからこそ気づく音色の変化。これこそが「生」で聴くライヴの魅力でしょう。

以降、長尾春花さん(ヴァイオリン)の「ツィゴイネルワイゼン」、前田拓郎さん(ピアノ)の「英雄ポロネーズ」、上野由恵さん(フルート)の「カルメン幻想曲」と、耳になじみのある曲がすばらしい技巧で披露されました。

第2部は、長尾さん、澤亜樹さん(ヴァイオリン)、中村翔太郎さん(ヴィオラ)、山本直輝さん(チェロ)の弦楽四重奏によるドヴォルザークの「アメリカ」を披露されました。

そして、佐藤容子(ソプラノ)・寛子(メゾソプラノ)姉妹による日本の童謡に続き、「トリ」を飾ったのは、植田克己教授の流麗なピアノによるシューベルトの即興曲集。ベーゼンドルファーの美しい響きに会場が酔いしれました。
わかりやすさ、親しみやすさを一番に考えたプログラム。進行の佐野靖教授の軽妙なトークとあいまって、技巧の披露ではなく、じっくりと「音楽を楽しむこと」を実感できた一夜でした。(写真:永田忠彦)

ダイナースクラブ アーティストサポート ファンドの詳細はこちらから。


その他イベントレポート