Event Report

JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」 貸切乗車プラン 2日間

100年の時を越え蘇るダイナースクラブ会員貸切ツアー、幻の列車「或る列車」第二弾のレポートをお届けします。

2015年11月27日開催

100年の時を越え蘇る幻の列車「或る列車」にご乗車いただける、会員様限定貸切プランの第二弾は、成澤由浩シェフ監修のスイーツをはじめ、ハウステンボスや軍艦島周遊クルーズ、史跡料亭花月でのご昼食など、長崎を心行くまで満喫いただける2日間となりました。

スタートは長崎の「史跡料亭花月」でのご昼食。長崎三大庭園の一つに数えられている八百坪の美しい庭園を目の前に、花月伝統の卓袱松花堂弁当をお楽しみいただきました。会場は坂本龍馬がつけたとされる床柱の刀痕がある「竜の間」。国賓の晩餐会にも使われる由緒あるお部屋です。

この日はあいにくの曇り空。雨こそ降りませんでしたが、波の加減で予定されていた軍艦島クルーズは残念ながら中止に。代わりのプランとしてお楽しみいただいたのは、今年9月にオープンしたばかりの「軍艦島デジタルミュージアム」。人口密度世界一の活気溢れる島の様子や、上陸ツアーでは見ることのできない立入禁止区域など、巨大スクリーンやプロジェクションマッピングで体感いただきました。

一日目を締めくくったのは、今回のメインイベントの一つでもある、世界最大級のイルミネーション「光の王国」を開催中のハウステンボス。1,300万球の光に照らされたオランダの街並みは、様ざまなクリスマスイベントと重なり、まさに圧巻の美しさでした。

二日目はいよいよ「或る列車」への乗車です。9時50分に佐世保駅を離れ、揺られること約2時間20分。到着の長崎駅まで、細部に渡り贅沢にしつらえられた車内をご堪能いただきました。ロマンチックな色・クラシカルな形・素材は明るく優しいメープル材を使った1号車と、落ち着いた色とウォールナットの組子に囲まれたコンパートメント(2人個室)からなる2号車。いずれも至福の時をお楽しみいただける豪華で、甘美で、最上級の空間です。途中提供されるのは、東京・南青山のレストラン『NARISAWA』のオーナーシェフ・成澤由浩氏が監修するスイーツの数々。全6品で構成されたコースは、すべてメイド・イン・九州の質の高い素材を使用しています。

戻る 進む

「楽しくワクワクした時間でした」「非日常的な時間を過ごさせていただきました」など、参加いただいた皆様からは大変ご好評のお声をいただくことができました。今年も第三弾、第四弾と予定していますので、楽しみにお待ちください。
<担当:M.K.>


その他イベントレポート