Event Report

レストランのもう一つの愉しみ ~サービスから見たフランス食文化~

フランス革命が生み出したレストラン。
そこにはベルサイユ宮殿のサービスがどんな影響をあたえているでしょう。中世から現代までの食卓の変遷をサービスから切り取ります。

2016年1月15日開催

1月15日 金曜日にダイナースクラブ銀座ラウンジで、フランス料理文化センター 親善大使 大沢晴美さんによる、フランス料理の変遷をサービスから切り取り、解説するイベントが開催されました。

フランス革命後から近代までのサービス様式の変遷を、とても綺麗な資料をご用意いただきモニターに投影し、わかりやすく解説していただきました。
参加者は、タテルヨシノ銀座のフィンガーフードと、シャンパンを楽しみながら、フランス式サービス、ロシア式サービス、近代のサービスの移り変わりの説明を受けました。


現代のサービスのデモンストレーションとして、タテルヨシノ銀座総支配人田中さんが、ナイフとフォークだけでオレンジの皮、薄皮まで綺麗に切り落とし、お皿に盛りつけました。
美食を支えるのは、「味覚教育を受けた食べ手」「食材」「料理をつくる手+サービスする手」であることを認識しました。
<担当:H.K.>
※こちらは、ダイナースクラブ プレミアムカード、銀座ダイナースクラブカード会員限定イベントです。


その他イベントレポート