Event Report

歌舞伎俳優 五代目 中村時蔵さんが語る「歌舞伎座の変遷」

女形代表格 歌舞伎俳優 五代目 中村時蔵さんが銀座ラウンジに登場

2016年4月9日開催

2016年4月9日、歌舞伎俳優 五代目中村時蔵さんが語る「歌舞伎座の変遷」トークイベントを銀座ラウンジで開催しました。明治22年木挽町に誕生して以来、幾度もの災禍を乗り越え125年を迎えた歌舞伎座は、近代日本の演劇史のシンボル的な場所。
当時の貴重な資料を見ながら、歌舞伎座の移り変わりや歌舞伎の歴史についてのトークに、参加された皆様は真剣に耳を傾けていました。
歌舞伎の定式幕の遍歴など初めて聞く話が多く、震災、戦争を経て歌舞伎座がどう変わってきたのかなど、貴重なお話が満載でした。

特に興味深かったのは、歌舞伎の定式幕の遍歴や現在の歌舞伎座の施設についてのお話です。伝統を継承しつつも、最先端の技術が駆使された舞台や建築技術が使われてるとのことでした。

上品でおっとりとした古風さを漂わせる正統派の女形で、父(四代目中村時蔵)譲りの美貌と、役の品格を守った緻密な芸で幅広く人気のある時蔵さん。
その時蔵さんから間近でお話が聞けるとあって、参加された皆様は感激していらっしゃいました。

終了後は参加された皆様からの質問を受け、襲名の時のエピソード、今後演じてみたい役柄、亡き勘三郎さんや三津五郎さんとの思い出など、歌舞伎俳優としての思いをお話しいただきました。

終始穏やかな口調でお話しくださった時蔵さんの優しさが印象的でした。また、参加された皆様の日本文化(歌舞伎)への関心の高さを感じました。
<担当A.M>

ダイナースクラブでは2016年11月上旬に歌舞伎座で「吉例顔見世大歌舞伎 八代目中村芝翫襲名披露」の貸切公演(夜の部)を行います。詳しくは会員誌「シグネチャー」7月号(2016年6月中旬頃発送)でご案内します。どうぞご期待ください。


その他イベントレポート