Event Report

SAKE COMPETITION 2016 表彰式

日本の食文化を応援するダイナースクラブの協賛イベント

2016年7月29日開催

世界最大規模の日本酒の品評会「SAKE COMPETITION 2016」の上位入賞酒が発表される表彰式が、東京・六本木のグランドハイアット東京で華やかに開催されました。
この品評会は「ブランドによらず消費者が本当においしい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとにスタートしたもの。市販酒のみが出品され、銘柄を完全に隠して酒の美味さのみで競うことが徹底されています。このため、上位入賞酒は瞬く間に入手困難になるといいます。さて2016年、栄えある第一位を獲得した酒蔵は!?

過去最多の1483点がエントリー。5月の予審会、決審会を経て、上位入賞酒が選出されました。

吟醸部門 第1位:
「但馬 大吟醸」(兵庫県・此の友酒造株式会社)
純米酒部門 第1位:
「あたごのまつ 特別純米」(宮城県・株式会社新澤醸造店)
純米吟醸部門 第1位:
「勝山 純米吟醸 献」(宮城県・仙台伊澤家勝山酒造株式会社)
純米大吟醸部門 第1位:
「愛友 純米大吟醸」(茨城県・愛友酒造株式会社)
Super Premium部門 第1位:
「来福 超精米 純米大吟醸」(茨城県・来福酒造株式会社)

上位入賞酒の一覧はこちら

まさか自分の酒蔵から上位入賞酒が出るとは思わず、表彰式に駆けつけられなかった酒蔵さんもありましたが、登壇した酒蔵の社長さんや杜氏さんは、いずれも皆さん、実に晴れがましい様子でした。
各賞のプレゼンターには、昨年に引き続き、世界に日本酒ファンを増やす活動を行っている中田英寿さん、芥川賞で一躍時の人となった又吉直樹さん、当社とのお付き合いが深いレストラン「NARISAWA」の成澤シェフらが登場し、式典を盛り上げました。

協賛したご縁から、当社は「ダイナースクラブ若手奨励賞」を新設し、上位入賞酒の蔵元さんの中から最若手の松崎酒造店の松崎祐行さんを表彰しました。
ダイナースクラブは、いま、日本が誇る食文化、食の伝統を未来へつなげようと頑張っている生産者を応援する「日本の食文化応援プロジェクト」に取り組んでいます。
ダイナースクラブだからできること、ダイナースクラブのメンバーだからできることがあると考えています。これからも、日本の食文化を一緒に応援していきましょう。


その他イベントレポート