Event Report

2016 祗園祭 鱧料理と祗園のお茶屋遊び

祇園祭「神幸祭」の特別見学と、鱧料理を召し上がりながらお座敷遊びをお楽しみいただきました。

2016年7月17日開催

7月に入ると京都の町は「コンコンチキチン」の音色が町内に響き、祭一色。祗園さんと呼ばれる「祗園祭」は、平安時代から続く厄病や災厄除けの行事として八坂神社が行う神事です。今回はその中で「おいで」と呼ばれ、本来の祗園祭の原点である「神幸祭」を特別見学しました。

「神幸祭」までのお時間は、祇園にあるお茶屋「大ヌイ」でお座敷遊びとミシュランガイド2016で1つ星を獲得した「祇園川上」による旬の食材である鱧料理を、お楽しみいただきました。

芸妓さん、舞妓さんによる華麗で流麗な舞は、外の祇園祭の喧騒から少し離れ、まさに非日常の空間を感じることができました。

お座敷遊びの最後には、参加者の皆様全員に大ヌイさんの名前が入った、京丸うちわのプレゼントがありました。祇園の街では夏のご挨拶に欠かせないものです。

そろそろ日が傾き始めてきた頃、今回のメインイベントである「神幸祭」見学へ。花見小路通にある「桃庭」の2階を特別に貸し切り、ゆったりとくつろぎながら神輿が来るのを待ちます。18時を過ぎ、街全体の賑わいが高まるのを感じていると、遠くから大きな掛け声とともに神輿がやってきました。もの凄い熱気の中、目の前を通り抜ける神輿とその担ぎ手達の迫力の姿に、参加者の皆様から歓声があがっていました。

ダイナースクラブでは、今後も他では体験できないイベントを企画してまいりますので、どうぞご期待ください。<担当:梅>


その他イベントレポート