Event Report

「大徳寺芳春院茶会」と「呑湖閣特別拝観」

昨年開催し、大好評につき今年も開催。

2016年10月15日開催

再開催を期待する声を多数いただいた本イベント。日常の喧騒から離れ、ゆったりとした時間の流れを感じられる非日常体験となりました。

今回のお食事は、茶懐石の名店『辻留』。
柳生俊彦氏のナビゲートのもと、大徳寺芳春院の秋吉則州住職と、茶道研究家で裏千家・今日庵文庫長である筒井紘一氏と一緒に、当主である平晴彦氏の説明の中でいただきました。

その後は、筒井紘一氏による非公開の茶室「迷雲亭」での茶席を実施。参加者の中で、お茶会自体が初めて方がいて不安そうでしたが、丁寧な説明とともに行いましたので、最後はとてもリラックスされていました。

呑湖閣での拝観時には、通常非公開の建造物と言う事で、皆様、呑湖閣をバックに貴重な記念撮影をされていました。

茶道の歴史に大きな縁のある大徳寺で、爽やかな秋晴れの中、本イベントを開催する事ができました。
今回担当することができて、いつか自身でも茶道の歴史を辿る旅に出てみようと思いました。<担当:梅>


その他イベントレポート