Event Report

ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2016

今年で6回目のタイトルスポンサーをダイナースクラブが務めた、フランスレス トランウィークが9月24日(土)~10月9日(日)まで開催されました。

2016年9月24日~10月9日開催

6年目となる今年は、「おいしい選択 5,000円でフレンチコース!」がコンセプト。
格式が高いと思われがちなフランス料理を気軽に楽しめるよう、全国550店舗以上のレストランが5,000円の一律料金で工夫を凝らした限定特別メニューを提供しました。
また、今年は関西在住のグルマン達からの要望にお応えする形で、「ガラディナー」と「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ」を、東京以外で初めて開催。
さらに、ダイナースクラブ会員だけの特典として、「アペリティフサービス」や「先行予約」をご用意したり、会員限定イベント「フランス大使公邸特別ディナー」も開催されました。

「ガラディナー」
レストランウィークの幕開けを華やかに飾るガラディナーを、今年は東京と大阪の二都市で開催。日仏のスターシェフが一人一皿を担当し、テーマに沿った合計6皿からなる1日限りのメニューを創りあげました。
各シェフの個性が存分に感じられる一皿が次々と現れ、参加者の皆様はワインや日本酒とのマリアージュとともに、6人のシェフが奏でるハーモニーを愉しんでいらっしゃいました。
ディナー後は、お見送りに並ばれたシェフ達と参加者とで記念撮影や料理についてのお話が弾み、楽しい余韻の中、閉会となりました。

「フランス大使公邸 特別ディナー」
ダイナースクラブ会員しか体験する事ができない特別なディナー。
受付開始からわずか1時間ほどで満席となるほど申し込みが殺到し、大変期待度の高いイベントとなりました。
当日は、ドレスや着物を身にまとった参加者が記念撮影を行ったり、参加者同士で会話が弾んだりと、ダイナースクラブならではの華やかな雰囲気を感じられました。


「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ」
日仏を代表するグランシェフに選ばれた、次世代を担う若手シェフが日にち限定でオープンキッチンで腕を振るう参加型イベント。
調理している間も参加者はオープンキッチンに近寄ることができ、シェフの手際を間近で拝見したり、食材について質問をなげかけたり。。。通常ではありえないシェフとの距離の近さがなんとも楽しく、リピーターの方も多くいらっしゃいました。
完成した料理は、参加者全員で1つのテーブルを囲み、和気藹々とした雰囲気で美味しくいただきました。

6回目の開催となる今年も、大盛況のうちにダイナースクラブ フランスレストランウィークは終了しました。
普段少し敷居が高いと感じられるフランス料理を、身近に感じられる事もあり、担当者も様々なレストランに行く事ができました。
来年のフランスレストランウィークの開催が早くも待ち遠しいです。
<担当:梅、宮>

戻る 進む

その他イベントレポート