Event Report

ダイナースクラブ アーティストサポートプログラム 4周年スペシャルコンサート

音楽界の未来を担う若い才能をサポートする「ダイナースクラブ アーティストサポート プログラム」。感謝の気持ちをこめたスペシャルコンサートを今年も開催しました。

2016年10月5日開催

今年も様ざまなジャンルで活躍する若手アーティストが集結し、それぞれの個性を遺憾なく発揮した彩り豊かな演奏を披露してくれました。コンサートに参加されたお客様は、我が子を見るような柔らかな表情で、若い才能が奏でる音楽を楽しんでいらっしゃいました。

第1部は、サックスカルテットによる軽快な演奏とトークで幕を開けました。続いては、雰囲気を一転してテノール歌手による歌曲へ。ピアノによるグリンカ作曲の「ひばり」の演奏をはさみ、武満徹作曲の歌曲でしっとりと締めくくられました。特に「死んだ男の残したものは」は圧巻の歌唱力で、ひときわ大きな拍手が送られていました。

第2部は、力強いピアノの演奏から開始。ベーゼンドルファーの響きを存分に生かした豪快な音色で、会場を沸かせました。最後は東京藝術大学を首席で卒業された二人の女性アーティストがオーボエとヴァイオリンの演奏を披露。素晴らしいテクニックで華やかなフィナーレを演出してくれました。

【プログラム】
・The Rev Saxophone Quartet(サックスカルテット)
悲しきワルツ(シベリウス)、クロノス(スウェルツ)
・布施雅也(テノール)
オペラ<リゴレット>より「女心の歌」(ヴェルディ)、○と△の歌、死んだ男の残したものは、小さな空(武満徹)
・津島圭佑(ピアノ)
ひばり(グリンカ)
・秋元孝介(ピアノ)
<5月のアルバム>Op.10より「夕べに」、<6つの演奏会用ユモレスク>Op.14より「幻想曲クラコヴィアク」(パデレフスキ)、チャイコフスキーのバレエ<眠れる森の美女>による演奏会用パラフレーズ(パプスト)
・荒木奏美(オーボエ)
サロンの為の商品Op.228(カリヴォダ)
・岸本萌乃加(ヴァイオリン)
<F.A.E.ソナタ>より「スケルツォ」(ブラームス)、カルメン「ファンタジー・ブリランテ」(フバイ)

東京藝術大学出身の若手アーティストに上質な演奏の機会を提供するためにスタートした「アーティスト サポート プログラム」は2017年に5周年を迎えます。また、普段生の音楽に触れる機会の少ない方々へ音楽を届ける"音楽アウトリーチ”活動をサポートするための「アーティスト サポート ファンド」も継続しています。
会員の皆様のリワードポイントで、若手演奏家を引き続きご支援ください。<担当:宮>

ダイナースクラブ アーティスト サポート ファンドに関する詳細はこちらから。


その他イベントレポート