Event Report

ダイナースクラブ 2016年 秋の京都イベント 大原 額縁庭園の紅葉と天台声明

大原地区を巡る特別な一日。

2016年12月4日開催

毎年好評企画である晩秋の京都イベント。本年は自然豊かな大原地区を巡る旅をテーマに開催されました。

まずこのプレミアムな旅は、江戸時代からの歴史を持つ『山ばな 平八茶屋』で、名物である「麦飯とろろ」の昼食からスタートしました。
この『山ばな 平八茶屋』は鯖街道の街道茶屋として、400年以上前から行き交う旅人をもてなしていたそうです。
中庭もとても綺麗で、食事後には写真撮影も行っている参加者もいらっしゃいました。

移動中に見える紅葉を楽しんでいるうちに、あっという間に大原地区へ到着です。
続いては創建1013年、天台声明のふるさとである勝林院にて、特別法要が行われ声明が厳かに唱えられました。

続いて一行は、勝林院の隣にある宝泉院に移動し、藤井住職の解説と共に「額縁庭園」拝観と、通常非公開の茶室「日新庵」でお茶をいただきました。
静寂に包まれた額縁庭園で過ごす時間は日々の喧騒を忘れられ、この庭園が「盤桓園("立ち去りがたい"という意味。)」と言われている事が、まさにぴったりと感じました。

そしてこの旅の最後を飾るのは、天台三門跡の中で最も古い歴史がある三千院へ。ちょうど夕暮れ時の美しさの中での特別拝観となり、忘れられない体験を送ることができました。<担当:梅>

戻る 進む

その他イベントレポート