Event Report

春の祇園 ライカ京都店 舞妓撮影会

ライカ京都店での撮影会

2017年5月13日開催

京都・祇園の花見小路にあり、築100年の町屋を匠の技で改築した「ライカ京都店」で、プロの写真家に手ほどきをしていただきながら普段は至近距離での撮影が難しい舞妓さんを撮影できるワークショップ(今回で3回目)を開催しました。

ライカカメラの最高品質のこだわりについてライカ京都店 店長の都丸氏からお話をうかがいました。
舞妓さんの撮影に使うカメラを各参加者へお貸しし、まずは使い方のレクチャーを受けて思い思いに店内でシャッターを押します。

京都生まれ、京都をベースに活躍されているカメラマンの中尾歓都己氏から、ライカを用いた作品と別カメラでの撮影の違い、光の使い方の説明をうけ、いよいよ舞妓さんの撮影です。

舞妓さんが登場しても、遠目からと皆さん遠慮がちです。舞妓さんにどうやって声をかけていいものかと。「フィルムカメラと違いデジタルは失敗しても削除やシャッターを押してすぐ確認ができます。カメラを構えながら構図を考えずに構図は事前に考え、レンズを通したときにはすべて撮影するようにたくさん撮りましょう」

中尾氏のアドバイスに勇気づけられ、皆さん時間が許す限り、シャッターを押し続けました。皆様満足いく一枚を撮っていただけた様子。最後に、舞妓さんを囲んでシャンパンサービスを楽しみ、素敵な春の一日をお過ごしいただきました。<担当:濱>


その他イベントレポート