Event Report

SAKE COMPETITION 2017 表彰式

日本の食文化を応援するダイナースクラブの協賛イベント

2017年6月5日開催

世界最大規模の日本酒の品評会「SAKE COMPETITION 2017」の上位入賞酒が発表される表彰式が、東京・六本木のグランドハイアット東京で華やかに開催されました。純米酒部門や純米大吟醸部門などに、今年は発泡清酒部門が加わって、全6部門への総出品数は1730点。銘柄を完全に隠して酒の美味さのみで審査する予審会、決審会を経て頂点に立った上位入賞酒は、瞬く間に入手困難になるといいます。

栄えある第一位を獲得した酒蔵は!?

純米酒部門 第1位:
「作 穂之智」(三重県・清水清三郎商店株式会社)
純米吟醸部門 第1位:
「土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦」(高知県・有限会社仙頭酒造場)
純米大吟醸部門 第1位:
「開運 純米大吟醸」(静岡県・株式会社土井酒造場)
吟醸部門 第1位:
「来福 大吟醸 雫」(茨城県・来福酒造株式会社)
Super Premium部門 第1位:
「七賢 純米大吟醸 大中屋 斗瓶囲い」(山梨県・山梨銘醸株式会社)
発泡清酒部門 第1位:
「南部美人 あわさけ スパークリング」(岩手県・株式会社南部美人)

上位入賞酒の一覧はこちら

今年から、本イベントの「顔」となっている中田英寿さんの発案で、ラベルデザイン賞が新設されました。くまもんのデザイナー、水野学さんが審査委員長とプレゼンターを務めた本賞の第1位は、新潟県・越後鶴亀株式会社。「今度は中身で受賞したい」という受賞コメントに会場が笑いに包まれました。

当社が昨年から提供している「ダイナースクラブ若手奨励賞」は、Super Premium部門の第1位、「七賢」の山梨県・山梨銘醸株式会社の北原亮庫さんに。当社はこれから1年、「七賢」を大いに応援していきます。<担当:土>


その他イベントレポート