Event Report

京都三大祭・葵祭2017 特別鑑賞会

会員限定特別企画

2017年5月15日開催

京都三大祭のひとつで、最も優雅で古趣に富んだ祭としても知られる「葵祭」。葵祭の会場となる上賀茂神社で、一般公開していない「本殿祭」に参加し、特別席で行列見物をお楽しみいただく、毎年ご好評の特別鑑賞会を5月15日に開催しました。

葵祭「本殿祭」をエスコートいただくのは、柳生新陰流の尾張柳生家15代目にあたる柳生俊彦氏。昼食をいただきながら、葵祭の歴史や「本殿祭」についてなど、葵祭よもやま話を伺い、葵祭をより深くお楽しみいただく準備をしました。

葵祭の会場となる上賀茂神社では、まず参加者の皆様は葵と桂をからませた「葵桂(きっけい)」と清掛を身につけて、一般公開していない「本殿祭」を見学しました。
本殿祭は限られた方のみが参加でき、撮影も禁じられている神事で、古希ゆかしく進行していきます。参加者の皆様も、本殿祭の厳粛な雰囲気を充分に感じていただけた時間となりました。

本殿祭の後は上賀茂神社内の特別席に移動し、行列見学。その当時の衣装を身に着けた見事な行列が粛々と到着し、平安時代さながらの優雅でゆったりとした時間が流れていきます。最後は、上賀茂神社の一の鳥居から二の鳥居までの間を人馬が一気に駆け抜ける、迫力満点の「走馬(そうめ)の儀」を見学。馬から落ちそうになるほどのスピードで駆け抜ける若武者もおり、みなさま歓声をあげて賞賛し盛り上がりを見せていました。

戻る 進む

2018年も本殿祭にご参加いただけるイベントを予定しています。詳細は決まり次第会員誌「SIGNATURE」でご紹介しますので、お見逃しなく。<担当:宮>


その他イベントレポート