ホーム > グルメ > 第二十三回 五代目 野田岩 麻布飯倉本店 <山本益博の料理エッセイ> この店、私のお気に入り

<山本益博の料理エッセイ>この店、私のお気に入り 山本益博

第二十三回 五代目 野田岩 麻布飯倉本店

バックナンバー

鰻の最も美味しい季節とは。

鰻に美味しい季節があるのをご存じだろうか。

そう訊ねると、おそらくほとんどの人は「土用の丑の日」を挙げるに違いない。
この日は、鰻を食べないと人に置いて行かれるとでも思うかのように、鰻屋さんに行列ができ、日本中が蒲焼の煙に包まれるから、この時こそが鰻の旬だと思うだろう。

答えは「残念でした!」である。「夏痩せに鰻召しませ…」と万葉集に謳われているのを、平賀源内が巧みに利用し、夏バテに鰻が効くとばかりに「土用丑の日、鰻大好き!」といったようなキャッチコピーを書いて、大宣伝をしたため、鰻の蒲焼が「真夏の風物詩」までになってしまったのである。人間が夏痩せしていたら、鰻も夏バテしているのである。つまり、「土用」が鰻の最もおいしい季節ではないということだ。

江戸っ子がことさら珍重した「旬の鰻」

では、いったい鰻の旬はいつかというと秋、丸々と太った鰻が産卵するために、川を下って海へ向かう。これを「下り」の鰻と言って江戸っ子はことさら珍重した。

今一つは初夏の「筏」の蒲焼。小ぶりの鰻が重箱に三尾も並ぶ、その姿が「筏」に似ているところからつけられた。小さな鰻だから、脂はそれほどのっていない。素焼きして、そのあと蒸し器にかけて余分な脂を落とし、それからタレを付けてきつね色に焼き上げる。じつにあっさりとした味わいで、脂がギトギトの蒲焼からはほど遠く、川魚ならではの緻密な身質の鰻が楽しめる。「江戸好み」の蒲焼で、私の「お気に入り」でもある。

水がぬるんでくる春から、冬が到来するまで天然の鰻が獲れるのだが、初夏と晩秋こそが鰻の美味しい季節と言って間違いない。

「土用丑の日」は店を閉めてしまうほどの徹底ぶり

今では、天然ものの鰻が稀少になってしまい、どこの鰻屋でも食べられるというわけではないが、季節になると必ず品書きにのるのが、五代目 野田岩 麻布飯倉本店である。

江戸時代の創業で、現在の主人は金本兼次郎さんで五代目、正真正銘の老舗である。今年で86歳になられる五代目の蒲焼に賭ける情熱は一方ならぬものがあり、蒲焼というものは、まず美しくなくてはならず、「焦げていたら、蒲焼ではない」という信念の持ち主である。それほどに「野田岩」の蒲焼は、ほれぼれとした美しさを湛えている。

私の好みは「筏」の蒲焼だが、鰻好きは秋の「下り鰻」の中串の蒲焼が堪らないと言う。脂の十分にのった鰻を絞りに絞って、余分な脂を落とし、タレを付けてしなだれかかるように香ばしく焼き上げられた蒲焼は芸術品とでも呼びたい逸品である。仕事が荒れるからとの理由で、「土用丑の日」は店を閉めてしまうほどの徹底ぶり。

威勢がよくって、脂ぎっているのは「野暮天」で、キンキラ金よりいぶし銀、乙で小粋な味わいこそが「江戸好み」であることを、「野田岩」の鰻の蒲焼が見事に証明して見せてくれる。

*銀座に支店がある。

文 写真 山本益博

プロフィール

山本益博

1948年(昭和23年)東京・浅草生まれ。料理評論家。
1973年よりフランスへ出かけて料理とレストラン文化を研究、2014年、フランス政府より農事功労章オフィシエを授与される。米国グラムメディア社『Foodie Top 100 Restaurants: Worldwide』の選者の一人。
「人間味という味が、いちばん美味しい」(大和書房)など食に関する著作のほか、「立川談志を聴け」(プレジデント社)、「名人芸の黄金時代 桂文楽の世界」(中公文庫)などオペラや落語、イチローに関する著作も多い。Webサライで「ひと皿の歳時記」ほか、最新の料理情報などを掲載。「美食の世界地図」(竹書房新書)を2014年1月に上梓。2014年9月に小学館より『鮨 すきやばし次郎 JIRO GASTRONOMY』を出版。

ダイナースクラブ会員限定特典

  • ●お土産として、山椒(缶入り)をご提供いたします。※4名様までに限り、お一人様に1個

優待期間 : 2014年6月25日~2014年7月20日まで

  • ※ご予約は、お店に直接ご連絡ください。
  • ※ご予約時に、ダイナースクラブ会員である旨をお伝えください。

五代目 野田岩 麻布飯倉本店

〒106-0044
東京都港区東麻布1-5-4
03-3583-7852

営業時間
ランチ  :11:00~13:30
ディナー:17:00~20:00
終了時間は、最終入店時間です。
定休日 毎週日曜日 夏期休暇/年末年始
7月.8月の土曜の丑の日
  • ※別途サービス料10%をいただきます。
  • ※ご予約はお早めにお願いします。
  • ※2名様からご予約を承ります。(2名様のご予約は、別館のテーブル席のみとさせていただきます。)
  • ※3~4名様から個室での宴会を承ります。
  • ※全席禁煙となります。
  • ※天然鰻ご希望の方は、事前にお店にお問い合わせください。
  • ※お子様の同伴可。(予約時にお伝えください)
  • ※定休日および貸切時は特典対象外となります。あらかじめご了承ください。
  • ※お車でお越しの方で当店でご飲食された方は、東京タワーパーキングセンターを無料でご利用いただけます。
    お帰りの際にお声掛けください。
  • ※お支払いには、ダイナースクラブカードをご利用ください。

バックナンバー

  • 第一回 六本木「イマカツ」
  • 第二回 XEX 愛宕 グリーンヒルズ/サルヴァトーレ クオモ ブロス
  • 第三回 福臨門酒家 銀座店
  • 第四回 神楽坂 東白庵かりべ
  • 第五回 六本木「Restaurant Ryuzu」
  • 第六回 神谷町「ダ オルモ」
  • 第七回 「NINJA AKASAKA」
  • 第八回 日比谷「レ セゾン」
  • 第九回 六本木「厲家菜(レイカサイ)」
  • 第十回 銀座「ESqUISSE(エスキス)」
  • 第十一回 「新ばし笹田」
  • 第十二回 西麻布「レフェルヴェソンス」
  • 第十三回 「青空」(はるたか)
  • 第十四回 みかわ 是山居(みかわぜざんきょ)
  • 第十五回 フレンチファインダイニング「シグネチャー」
  • 第十六回 アルヴェアーレ
  • 第十七回 すきやばし次郎
  • 第十八回 白金台「TIRPSE(ティルプス)」
  • 第十九回 銀座「流石Le蔵」
  • 第二十回 六本木「エディション・コウジ シモムラ」
  • 第二十一回 南青山「鮨ます田」
  • 第二十二回 広尾「はしづめ」
  • 第二十三回 五代目 野田岩 麻布飯倉本店
  • 第二十四回 銀座「馳走啐啄(そったく)」
  • 第二十五回 五反田「ヌキテパ」
  • 第二十六回 日本橋室町「LA BONNE TABLE」
  • 第二十七回 麻布十番「ケ・パッキア」
  • 第二十八回 東銀座「ムッチーニ」
  • 第二十九回 銀座「ル・ブール・ノワゼット トウキョウ」
  • 第三十回 築地「和光」
  • 第三十一回 銀座「Furuta」
  • 第三十二回 神楽坂「山さき」
  • 第三十三回 銀座「ときとう」
  • 第三十四回 六本木「BLT STEAK ROPPONGI」
  • 第三十五回 麻布台「SUGALABO」
  • 第三十六回 家全七福酒家 銀座店
  • 第三十七回 三田「コート・ドール」
  • 第三十八回 四ッ谷「後楽寿司 やす秀(みつ)」
  • 第三十九回 上野・御徒町「ぽん多本家」
  • 第四十回 西麻布「マルゴット・エ・バッチャーレ」
  • 第四十一回 銀座「イル・リストランテ ルカ・ファンティン」
  • 第四十二回 根津「釜竹」
  • 最終回 丸の内・パレスホテル東京「クラウン」
  • ※バックナンバーでご紹介しているメニュー、料金、時間などの内容は取材した時点での情報であり、予告なく変更となる場合があります。また店舗の都合により予告なく閉店している場合もありますのであらかじめご了承ください。

SIGNATURE SIGNATUREでも料理評論家、山本益博氏おすすめの銀座のお店をご紹介しています。料理の楽しみ方や食卓の流儀を学ぶ食事会もご案内。 今すぐアクセス