ホーム > グルメ > 第二十五回 五反田「ヌキテパ」 <山本益博の料理エッセイ> この店、私のお気に入り

<山本益博の料理エッセイ>この店、私のお気に入り 山本益博

第二十五回 五反田「ヌキテパ」

バックナンバー

オーナーシェフの異色の経歴

「ヌキテパ」のオーナーシェフ田辺年男さんは、料理人になる前は全日本バンタム級6位にまでなったプロボクサーだった、という異色の経歴の持ち主である。

じつは、プロボクサーになるまでのいきさつも破天荒なのだが、それを丁寧にたどってゆくと、それだけで紙数が尽きてしまうのでやめるが、洋食屋から始まって、屋台のおでん屋、その後、用心棒、それからフランス料理の修業と、彼の半生は実際、漫画になるほど面白い。

フランスでの修行時代

本格的なフランス料理を勉強しようとパリに渡った時も、「ボンジュール」と「メルシー」しか話せぬまま、パリの2つ星の魚料理の名店「ラ・マレ」へ押しかけたが、調理場の入口で押し返された。

それでひるむほどの田辺青年ではなかった。シャンゼリゼにあった日本航空のカウンターに座る女子職員を強引に口説いて、通訳として同行してもらったのだが、言葉が話せないということで断られた。

それならと、渡航費用を使い切るまで「ラ・マレ」の料理を食べてやろうと連日店に通い詰めた。資金が底をついて、最後の日のテーブルで料理を食べ終わったとき、支配人が声をかけてくれ、調理場に案内された。

そして、そこにいた料理人からカレンダーを見せられ、日付を指さされ、その日から調理場へ入ることが許された。言葉は不自由のままだったが、体力には自信があったから、休み時間もとらずに働き続けた。

レストランをいくつか回った後、ブルゴーニュの3つ星「レスぺランス」で働く機会を得た。誰よりも働く彼を、オーナーシェフのお母さんが見ていて、毎晩仕事が終わるとシャンパンを1本くれた。

それをねたんだ仲間たちから、ある晩、仕事が終わった後、川べりの野原へ呼び出された。そこで、喧嘩が始まったのだが、初めにかかってきたひとりにボディブローを打ち込んで、川へ投げ込むと、それを見た若い料理人たちは驚いて散って行ってしまったという。

翌朝、仲間たちからは尊敬の念をもって迎えられるようになり、以後、仕事を覚えるペースも早くなったらしい。

ユニークなメニュー「スイカ」のフルコース

こうした武勇伝の持ち主の料理が面白くないわけがない。

そのユニークなメニューのひとつが「スイカ」のフルコースである。スイカが大好物の田辺シェフ、これをコース仕立てでメニューを組めないかと、考え出したのが、世界でもユニークなフランス料理の「スイカ」のフルコース。

「スイカとうにのジュレ」に始まり、「スイカの皮とあわびのサラダ」「スイカの炭火の片面焼き」「スイカのリゾット」とコースは続いてゆき、締めくくりのデザートは「スイカのショートケーキ」である。

店の看板には「三崎の魚と畑の幸のフランス料理」とある。普段は魚料理が売り物のレストランだが、まずは「スイカ」のフルコースから召しあがってみてほしい。

オープンキッチンで仕事するシェフの優しい人柄に溢れた皿に魅了されるに違いないから。

文 写真 山本益博

プロフィール

山本益博

1948年(昭和23年)東京・浅草生まれ。料理評論家。
1973年よりフランスへ出かけて料理とレストラン文化を研究、2014年、フランス政府より農事功労章オフィシエを授与される。米国グラムメディア社『Foodie Top 100 Restaurants: Worldwide』の選者の一人。
「人間味という味が、いちばん美味しい」(大和書房)など食に関する著作のほか、「立川談志を聴け」(プレジデント社)、「名人芸の黄金時代 桂文楽の世界」(中公文庫)などオペラや落語、イチローに関する著作も多い。Webサライで「ひと皿の歳時記」ほか、最新の料理情報などを掲載。「美食の世界地図」(竹書房新書)を2014年1月に上梓。2014年9月に小学館より『鮨 すきやばし次郎 JIRO GASTRONOMY』を出版。

ダイナースクラブ会員限定特典

  • ●ダイナースクラブ会員含め2名様まで「スイカの食前酒」を1杯サービスします。

優待期間 : 2014年8月22日(金)~2014年9月19日(金)まで

  • ※ご予約は、お店に直接ご連絡ください。
  • ※ご予約時に、ダイナースクラブ会員である旨をお伝えください。

Ne Quittez pas ヌキテパ

〒141-0022
東京都品川区東五反田3-15-19
03-3442-2382

営業時間
ランチ 12:00~15:00 (L.O.13:30)
ディナー 18:00~23:00 (L.O.21:00)
定休日 月曜日(火曜日はディナーのみ営業)
  • ※別途サービス料7%をいただきます。
  • ※分煙(喫煙スペースあります)。
  • ※お子様の同伴はご遠慮ください。
  • ※定休日および貸切時は特典対象外となります。あらかじめご了承ください。
  • ※お支払いには、ダイナースクラブカードをご利用ください。

バックナンバー

  • 第一回 六本木「イマカツ」
  • 第二回 XEX 愛宕 グリーンヒルズ/サルヴァトーレ クオモ ブロス
  • 第三回 福臨門酒家 銀座店
  • 第四回 神楽坂 東白庵かりべ
  • 第五回 六本木「Restaurant Ryuzu」
  • 第六回 神谷町「ダ オルモ」
  • 第七回 「NINJA AKASAKA」
  • 第八回 日比谷「レ セゾン」
  • 第九回 六本木「厲家菜(レイカサイ)」
  • 第十回 銀座「ESqUISSE(エスキス)」
  • 第十一回 「新ばし笹田」
  • 第十二回 西麻布「レフェルヴェソンス」
  • 第十三回 「青空」(はるたか)
  • 第十四回 みかわ 是山居(みかわぜざんきょ)
  • 第十五回 フレンチファインダイニング「シグネチャー」
  • 第十六回 アルヴェアーレ
  • 第十七回 すきやばし次郎
  • 第十八回 白金台「TIRPSE(ティルプス)」
  • 第十九回 銀座「流石Le蔵」
  • 第二十回 六本木「エディション・コウジ シモムラ」
  • 第二十一回 南青山「鮨ます田」
  • 第二十二回 広尾「はしづめ」
  • 第二十三回 五代目 野田岩 麻布飯倉本店
  • 第二十四回 銀座「馳走啐啄(そったく)」
  • 第二十五回 五反田「ヌキテパ」
  • 第二十六回 日本橋室町「LA BONNE TABLE」
  • 第二十七回 麻布十番「ケ・パッキア」
  • 第二十八回 東銀座「ムッチーニ」
  • 第二十九回 銀座「ル・ブール・ノワゼット トウキョウ」
  • 第三十回 築地「和光」
  • 第三十一回 銀座「Furuta」
  • 第三十二回 神楽坂「山さき」
  • 第三十三回 銀座「ときとう」
  • 第三十四回 六本木「BLT STEAK ROPPONGI」
  • 第三十五回 麻布台「SUGALABO」
  • 第三十六回 家全七福酒家 銀座店
  • 第三十七回 三田「コート・ドール」
  • 第三十八回 四ッ谷「後楽寿司 やす秀(みつ)」
  • 第三十九回 上野・御徒町「ぽん多本家」
  • 第四十回 西麻布「マルゴット・エ・バッチャーレ」
  • 第四十一回 銀座「イル・リストランテ ルカ・ファンティン」
  • 第四十二回 根津「釜竹」
  • 最終回 丸の内・パレスホテル東京「クラウン」
  • ※バックナンバーでご紹介しているメニュー、料金、時間などの内容は取材した時点での情報であり、予告なく変更となる場合があります。また店舗の都合により予告なく閉店している場合もありますのであらかじめご了承ください。

SIGNATURE SIGNATUREでも料理評論家、山本益博氏おすすめの銀座のお店をご紹介しています。料理の楽しみ方や食卓の流儀を学ぶ食事会もご案内。 今すぐアクセス