ダイナースクラブと行く京都

確かな腕に裏打ちされた料理と
京都らしい心遣いが魅力の割烹。

割烹 千ひろ

温かなご主人が迎えてくれる
もてなしの心が息づいた空間

2001年より祇園町の路地(ろうじ)の一角にのれんを掲げる「割烹千ひろ」。組子の格子戸に白木のカウンター、季節のお軸が架かる個室……隅々まで清らかな店内の居心地は格別で、穏やかな笑顔で迎えてくれるご主人・永田裕道(ながたひろみち)さんの誠実な人柄を物語るかのようです。

確かな味わいの秘密は
名店を支えた腕

生まれも育ちも祇園町の永田さん。お父さまはフレンチの巨匠ポール・ボキューズが何度も訪れたという祇園の名割烹「千花」の先代です。その店をお兄さまとともに26年にわたって支えた後に独立、生まれ育った祇園の地に自身の店を開いて14年目を迎えました。屋形に入ると、樹齢300年を超える檜を使った美しい一枚板のカウンターが目に留まり、これから供されるお料理への期待に胸が膨らんできます。

さり気なく供される器との
出会いも楽しみ

時間を見つけては、お料理に合う器を探して骨董店を巡るという永田さん。店内には味のある名器が取り揃えられ、時には江戸期に活躍した名陶工・尾形乾山の器に出会えることも。

素材の個性を生かした
けれん味のない京料理

その時季最良の素材で構成されるコースは、素材の個性を最大限に生かした味付けはもちろん、食べやすさ、器との色合わせなどすべてが綿密に計算されています。たとえば織部の器にのって登場する「季節の果物」にかかるのは、老舗「湯波半」の湯葉を細かくすりペースト状にし塩のみで調味したもの。こく深くまろみある旨みが、爽やかな果実の味わいを引き立てます。コースの最後を締めくくるのはフルーツジュース。満たされたお腹にすっと清涼感をもたらす、「千花」時代からの心遣い。正統な京料理の技ともてなしの心を受け継いだ、まさに「京都」を感じる一軒です。

ダイナースクラブ会員限定特典

お店から、お食事の際にビールを1本プレゼント。

  • ※1組に1本となります。ご了承ください。

割烹 千ひろ

住所 〒605-0073
京都市東山区祇園町北側279-8
電話番号

075-561-6790

  • ※ご予約の際は、ダイナースクラブのHPを見てとお伝えください。
営業時間

17:00~20:30(入店)

  • ※昼は前日までに要予約
定休日 月曜(夏期・冬期休みあり)
お料理 コース 12,960円、16,200円、19,440円(税込・サービス料10%)
お席 カウンター8席、座敷1室(2名~7名様)

2014.11.17

  • 記事に掲載の金額は取材当時の料金です。
  • 掲載記事は更新当時の情報になります。優待・イベント期間が終了している場合や、最新の店舗、価格、在庫状況とは異なることがあります。