AUTOMOBILE - BMW

THE BMW 7 SERIES.

DRIVING LUXURY.

BMW 7 シリーズの多彩なドライビング・ラグジュアリー

"

ラグジュアリー・セダンのあるべき姿を、現代的な解釈で表現した「BMW 7 シリーズ」。官能的なフォルムや快適きわまりないインテリアに加え、BMWが掲げたデザインコンセプトは「テクノロジーとのハーモニー」。進歩的なテクノロジーがデザインへと完璧に変換された「BMW 7 シリーズ」がもたらす感動は、このクルマに乗るすべての人に開かれている。

文・菰田 潔 Text by Kiyoshi KOMODA

 1977年に誕生した初代から数えて6代目にあたる最新のBMW 7 シリーズは、その歴史とともにBMWブランドのフラッグシップモデルとして君臨する。歴代の7 シリーズはその時代の最先端技術をいち早く取り入れているのも特徴といえる。6代目では量産モデルにCFRP(炭素繊維強化樹脂)を採用したことがトピックだ。ボディの軽量化と剛性アップに大きく貢献することは、BMWのサブブランドである「i」シリーズで証明されている。CFRPはアルミニウム合金と超高張力鋼板と組み合わされ、先代モデルと比べて130kgもの軽量化を果たした。軽量化は燃費性能の向上に大きく貢献するだけでなく、加速、減速、コーナリングというダイナミック性能を向上させることに大きく寄与した。これはBMWのクルマづくりのスローガンでもある「駆けぬける歓び」に直結する。BMWはラグジュアリーモデルでもドライビングの愉しさを追求するブランドなのだ。

■ DESIGN.

テクノロジーと美しさの融合した、
ラグジュアリー・セダンのあるべき姿

BMW 7 シリーズ ラグジュアリー・セダンのあるべき姿

 BMWのデザインアイコンでもある2分割されたフロントグリルは、その形からキドニー(腎臓)グリルと呼ばれる。そのキドニーに初めてシャッターが付いた。必要のないときには閉めて走行中の空気抵抗を極力減らすことが目的だ。床下の流れまで計算し抵抗を減らし、走行中の風切り音も静かになった。BMWらしさはCピラー(後ろの柱)のくの字のカーブやL字型のテールランプなどにもちりばめられている。

BMW 7 シリーズ フロントグリル

BMW 7 シリーズ ドア

BMW 7 シリーズ 740i

740i
最上のエンジニアリングを結集した、
環境性能に優れた直列6気筒モデル

 740iに搭載される最新設計の3リッター直列6気筒エンジンは、直噴、バルブトロニック、ターボという現代エンジンの“三種の神器”を備え、大トルク、高出力、低燃費を実現している。信号待ちのときのアイドリングストップは当たり前になったが、そこから再始動するときのスムーズさも最新エンジン技術によるものだ。軽量化されたボディのおかげで7 シリーズに3リッターエンジンという組み合わせでも加速性能に不満はない。

 さらにハンドリング性能はタイヤにかかる荷重が前後均等になる50対50に近いから、コーナリング性能もスポーツカー顔負けの俊敏さと安定性を誇る。BMWは、ドライバーが操りやすいクルマは事故を回避する能力も高くなるので、安全性も向上すると考えている。また長距離ドライブで疲れにくいことも安全性に貢献するだろう。事故を起こさないための安全性能という意味で、BMWのハンドリング性能のよさは二重の歓びになる。

■ INNOVATION.

事故のリスクを回避するドライバー
支援システムのテクノロジー
  • BMW 7 シリーズ レーザーライト
  • BMW 7 シリーズ ハイビーム、レーザーライト
  • BMW 7 シリーズ ヘッドライト
  • BMW 7 シリーズ オートハイビーム

 ハイビームは100m先の障害物を発見できる明るさが必要とされている。BMWのLEDヘッドライトは300m先まで明るく照らしてくれるので、照明がない暗い夜道の走りは運転が格段に楽になり安全になる。さらにBMWレーザーライトは600m先まで照らせる能力を持っている。これはあまりにも威力があるヘッドライトなので、対向車や先行車がいる場合には自動的に下向きにするオートハイビームで使用する。

BMW 7 シリーズ 750i

750i
0-100km/h加速で4.7秒をマーク。
V8モデルの卓越したパフォーマンス

 7 シリーズの中心に位置するのは、4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する750iである。後席にパッセンジャーを乗せてフル乗車で走るときでも、トルクとパワーに余裕があるからドライバーは精神的に楽に運転できる。かといって、アクセルペダルに敏感に反応して運転しにくいということがないのもBMWらしさだ。アクセルペダルを少し踏み込めばゆっくりした加速ができ、深く踏み込むと強い加速になるというあたり前のことが自然にできる。

 短い試乗でスゴイと感じるのではなく、長い期間乗ったときにBMWの奥の深さを体感するだろう。後席のパッセンジャーにとっては、室内の静かさがメリットになる。100Hzとか200Hzというタイヤから伝わるゴォーという低い周波数のロードノイズが室内まで伝わってこないから、舗装が粗い路面でも静粛性を保ったまま走ることができる。これもCFRPという硬い素材が音の伝導をシャットアウトしているからだ。

■ COMFORT.

レザーフィニッシュのインテリアと、
ヘアライン加工アルミニウムの贅

BMW 7 シリーズ コンフォート

 独特な風合いの高級レザーで覆われたシートは、乗員の身体をソフトに包み込みながらも骨盤や背骨など重要なポイントはしっかり支え、走行中の身体のホールド性がよい。単なる高級で終わらず、クルマ本来の機能も忘れていないところがBMW。メッシュのスピーカーカバーは、夜間は内部照明によって中が透けて見えるようになる。このようにオーナーになってからもオッと驚くような仕掛けがたくさんある。

BMW 7 シリーズ コンフォート

BMW 7 シリーズ 740Li / 750Li / M760Li xDrive

740Li / 750Li / M760Li xDrive
リラクセーション空間を約束する
ロングホイールベース・モデル

 標準ボディのホイールベースは3070mmだが、それより140mm長い3210mmのロングホイールベース仕様も用意されている。長くなった分は後席足元が広くなるので後席に乗るVIPにとっては、ファーストクラスのようなおもてなしを受けることになる。フロントシート背面にはオットマン(足置き台/オプション)が収納されているから、これを引き出しリヤシートのバックレストを少し後ろに寝かせれば完全なリラックス空間が出来上がる。

 全幅は変わらないが全長が延びるので駐車場では苦労するかと思うが、低速時には後輪が逆操舵して小回りをよくする。このインテグレイテッドアクティブステアリングは高速では前輪と同位相に動き安定性を高める効果もある。というようにホイールベースが伸びたデメリットは見つけにくい。6.5リッターV型12気筒ツインターボエンジン搭載のM760Liはロングホイールベースのみだが、他のエンジン搭載車は標準とロングから選ぶことができる。

■ EXECUTIVE.

後部座席に用意された、
“ファーストクラス”の心地よさ

BMW 7 シリーズ 後部座席の心地よさ

 忙しいビジネスマンは車中でもメモを取ったり連絡したりと仕事が続く。しかし後席のセンターアームレストの中からテーブルを引き出せば、その上でメモだけでなくパソコンもできる。ロングホイールベースなら脚を伸ばした姿勢も可能だ。ナビやテレビをチェックすることも、DVDの観賞も移動しながらできる。仕事を忘れてリラックスするのもよいし、快適な空間で仕事することもできるのが、7 シリーズだ。

菰田 潔(こもだ きよし)|「BMW ドライビング・エクスペリエンス」チーフインストラクターの肩書をもつモータージャーナリスト。年間200台以上の最新モデルに試乗しつつ、スポーツドライビングやセーフティドライビングに加え、エコドライブの普及にも力を入れている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)選考委員。

ニューBMW 7 シリーズ

最上の寛ぎを叶えるラグジュアリー・セダン
BMW 7 シリーズを堪能する特別モニター体験

※応募期限:2017年7月5日(水)

数々の先進テクノロジーによりもたらされる、究極のセーフティと極上の乗り心地。
あらゆる面において最高水準を満たす格別のドライビング・プレジャー。
ラグジュアリーという概念の基準を超えて生まれた、Driving Luxury “BMW 7 シリーズ”。
その真価を存分にご堪能いただける特別モニターを厳選のアクティビティとともにご用意しました。
究極のドライビング・ラグジュアリー「BMW 7 シリーズ」の魅力を、さまざまな角度から心ゆくまでお愉しみください。

BMW 7 シリーズを堪能する特別モニター体験

BMW 7 シリーズを堪能する特別モニター体験

BMW 7 シリーズを堪能する特別モニター体験

1名様

BMW 7 シリーズで行く
Callaway
ドライバーカスタムフィッティング

1組
2名様

BMW 7 シリーズで
能登の風景を堪能する
至高のドライブ体験

1組
2名様

BMW 7 シリーズで行く
ゴルフラウンドレッスン

3名様

2つのBMW 7 シリーズから
選んでご体感いただく
特別モニター体験

  • ※応募期限:2017年7月5日(水)
  • ※特別モニター体験は、ビー・エム・ダブリュー株式会社が提供します。

2017.05.09

この内容に興味がありましたか?