コンセプチュアルな旅のすゝめ No.15 森のプライベートスパで揺蕩う時間 コンセプチュアルな旅のすゝめ No.15 森のプライベートスパで揺蕩う時間

開湯1400年の歴史を誇る城崎温泉。その中で森林庭園に囲まれた美しき温泉リゾートとして知られる『西村屋ホテル招月庭』は、今年の8月、旅心を満たす情緒とモダンなセンスが融合した宿へとリニューアルした。深まりつつある秋、森の静寂に囲まれたプライベートのスパで、心と身体を癒すリラクセーションを。

文・寺田直子 
写真提供・城崎温泉 西村屋ホテル招月庭
Text by Naoko TERADA 
Photographs Courtesy of Nishimuraya Hotel Shogetsutei

 羽田空港から伊丹空港経由でおよそ2時間15分。兵庫県の日本海側のゲートウェイとなるコウノトリ但馬空港に到着する。そこからのどかな里山を眺めながらたどり着くのが、関西を代表する名湯地、城崎温泉である。

平安の時代から愛されてきたこの温泉地は、開湯1400年。風にそよぐ柳並木が風流な大谿川(おおたにがわ)沿いに広がり、7つの個性ある外湯と大小の温泉宿が旅人を出迎える。夕暮れ時には、浴衣姿の宿泊客たちが下駄の音を響かせて外湯をめぐり街をそぞろ歩く光景は、城崎の代名詞となっている。ミシュラン・グリーンガイドで2つ星を獲得したことなどから、ここ数年はフランスを筆頭に欧米の外国人ツーリストにも人気が高い。

 その城崎においてリゾート感覚の滞在を楽しめるのが、『西村屋ホテル招月庭』。創業百五十余年の歴史を持つ老舗旅館『西村屋本館』からのエレガンスを受け継ぎつつ、次世代の温泉リゾートとして誕生。約5万坪という広大な森林庭園に囲まれた空間がのびやかで贅沢だ。今年、4ヵ月の一大改装を終えて8月にリニューアルオープンを果たした。華やかにアップグレードされたのが和室「月の棟」。天井には光をやわらかく見せる和紙が貼られ、各部屋の床の間にはうさぎのオブジェが遊ぶ。さらに光の陰影を演出する土壁など、和の情緒と月をコンセプトにしたあしらいが随所に施されて心地よい。

森のプライベートスパ
~和のくつろぎ

「吟月」

西村屋ホテル招月庭「月の棟」

 このほか森林庭園を望む「庭の棟」の客室やモダンな洋室など、客室のタイプは豊富なので、好みで選びたい。また、ロビーに新しく設けられたのがセレクトショップ『さんぽう』。ブックディレクター・幅允孝氏監修のもと、西村屋オリジナル商品をはじめ、但馬で育まれた海の幸、山の幸を販売。さらに知る人ぞ知る地元・豊岡市の特産品であるカバンなど、「土産」の域を超えた上質な逸品が並ぶ。

“月を招く庭”らしいリゾートスタイルは、もうひとつある。それが「月下の湯」と名づけられた温泉とスパ施設。男湯・女湯それぞれ大浴場、露天風呂、ミストサウナ、ジャグジーバスを備え、四季折々の美しさを見せる日本庭園を愛でながら、良質な温泉を楽しむのが醍醐味だ。

 さらにラグジュアリーに楽しみたいのならば、貸切露天風呂「森のプライベートスパ」をおすすめしたい。森の中のアジアンリゾートを思わせる特別棟には、ジャパニーズ「吟月」、バリニーズ「FU-RO」、チャイニーズ「林泉」という3つの異なるスタイルの貸切温泉ヴィラが点在。各ヴィラにはたっぷりと温泉が注がれる露天風呂に加えて、プライベートでくつろぐためのリビングと岩盤浴を完備。ミネラルウォーターとスパークリングワインも用意されているので、利用時間内をこころゆくまで堪能することができる。

森のプライベートスパ
~エキゾチックに楽しむ

「FU-RO」

西村屋ホテル招月庭『Ricca』

 併設のリラクセーションサロン『風香』では、上質なアロマオイルを使用したボディ&フェイシャルマッサージやフットケアを体験することも可能(50分、9,800円~[税込])。温泉で体の芯から温まった後に受けることで相乗効果もあり、より深いリラックス効果が期待できるはずだ。

 日々、涼しくなる季節。夏の疲れを癒すと共に、ひと足早く秋の気配を満喫しに、ぜひ訪れてみたい。

西村屋ホテル招月庭 森のプライベートスパ

森のプライベートスパ

1室あたり8,640円(税込)70分、最大6名様まで。5名様以上は、お一人様1,080円(税込)の追加料金。要予約。

森のプライベートスパ
~上海レトロチャイナ

「林泉」

  • 西村屋ホテル招月庭「かに招月」
  • 西村屋ホテル招月庭「月の棟」
  • 西村屋ホテル招月庭『さんぽう』

旅のColumn ブランド牛のルーツ、但馬牛のサシの甘み、熟成の旨み

 城崎温泉で味わうべき美食といえば、毎年11月から解禁となる松葉蟹が挙がるが、加えてぜひ堪能してほしいのが但馬牛(たじまぎゅう)の熟成肉だ。『西村屋ホテル招月庭』のレストラン『Ricca(リッカ)』では2ヵ月間熟成させた極上但馬牛の炭火焼きが食通をうならせている。絶妙な火入れが施された肉は、噛みしめるほどに凝縮された旨みが広がりまさに愉悦。旬の食材を厳選したコースメニューは、この熟成肉をメインに鮑や鮮魚など、但馬の季節感にあふれる食材を味わう楽しさがある。あわせるワインのリストも充実。和牛最高峰と称される但馬牛の実力を味わい尽くしたい。

●但馬牛熟成肉と但馬の旬の魚介を味わう

スタンダードコース 10,800円(税込)

城崎温泉 西村屋ホテル招月庭

Information

城崎温泉 西村屋ホテル招月庭

兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2

0796-32-4895(予約直通 9:00~19:00)

0796-32-3535(代表)

http://www.nishimuraya.ne.jp/shogetsu/

*前回取材のNo.14「鰊御殿に偲ぶ漁家の夢」もあわせてご覧ください。

2017.09.26

この内容に興味がありましたか?