銀座のランドマーク、ミキモト本店ビルが
グランドオープン!

『銀座レカン』
『ミキモト銀座4丁目本店』

銀座通りの街並みに溶け込みながらもひと際存在感を放ち、
クリスマスシーズンには大きなツリーが銀座の風物詩だった『ミキモト銀座4丁目本店』。
2015年からビルの建て替え工事が行われていたが、2017年6月1日、2年半ぶりに待望のグランドオープンを迎えた。
1974年、旧ミキモト本店ビルの完成とともに地下にオープンした『銀座レカン』も、
この新たなビルでセカンドステージの幕を開ける。

文・福田素子 写真〈銀座レカン〉・髙田健一(studio a-ha) 
Text by Motoko Fukuda Photographs by Kenichi Takada (studio a-ha)〈L'ecrin〉

銀座レカン

日本を代表するグランメゾンで記念日を祝う、
記念日をつくる

銀座レカン ダイニングルーム

ホテルのメインダイニングが主流だったフランス料理を街場のレストランで展開して新しい潮流を生み出し、以来、40年以上にわたって日本を代表するグランメゾンであり続ける『銀座レカン』。ミキモト本店ビルの建て替えにともない、2年半ほど休業していたが、最高の充電期間を経て、新ビルの完成とともにグランドオープンした。

新生レカンは、美しい物語と劇場のようにドラマティックな演出にあふれている。

 「レカン」とは、フランス語で「宝石箱」の意。入り口からエレベーターに乗ると、あたかも宝石箱へと誘うようなストーリー性のある内装やライティングに心が躍る。

 「旧レカンの雰囲気を味わっていただくために、まずは今回新設した地下2階のラウンジにお客様をご案内します」

 そう話すのは、新たに支配人に就任した田村敏郎氏。レカン・グループでそのキャリアをスタートさせた田村氏は、『マキシム・ド・パリ』、
 『ポール・ボキューズ』など名立たるレストランで支配人を務めてきた。今回は“凱旋”ともいえる就任であり、「最高のサービスを」との思いは強い。

銀座レカン 田村敏郎氏

支配人の田村敏郎氏

銀座レカン ダイニングルーム

銀座レカン 個室

  • 銀座レカン 料理
  • 銀座レカン 料理
  • 銀座レカン 料理
  • 銀座レカン 料理

銀座レカン ウエイティングルーム

 ウエイティングルームとして利用できるラウンジは、旧レカンを象徴する赤い絨毯を基調に、現在では再現が難しくなった旧店のシャンデリアやアールヌーヴォー調の鏡、ドアなどをそのまま活かした。

 一方、地下1階にあるダイニングルームはシャンパンゴールドに包まれたモダンな雰囲気。天井に流れるように配されたシャンデリアとその光を映し出すイタリア産の大理石の壁面。床に敷かれた絨毯は、棟方志功の孫、潤乃氏が銀座の街の光にインスパイアされ、創り出した作品だ。宝石を散りばめたかのような贅沢な空間が広がるが、それだけではない。

銀座レカン シェフ

シェフの渡邉幸司氏

 「ひと皿ひと皿にライトが当たるように、照明も工夫しています。また、レカンでは多くのワゴンサービスを行っていますが、ワゴンを持って行くと照明がついたり。わくわく感を味わっていただきたいですね」

「伝統と革新」というレカンのスタイルを引き継ぎながら、クラシックをベースに常に新しい試みで楽しませてくれる料理の数々。
 さらに、創業以来、歴代ソムリエが厳選して収集した1万5000本ものワインが至福のひと皿との最高のマリアージュを叶えてくれる。

 「料理、サービス、インテリア。それらがオーケストラのように一体となったハイクオリティな空間で大人の時間を楽しんでいただければと思います」

 誕生日やお祝いごとなどの記念日にふさわしい店であることはもちろんだが、ここを訪れた、なんでもない一日が忘れられない特別な日に。『銀座レカン』は、記念日をつくることができるレストランでもある。

銀座レカン

銀座 レカン

東京都中央区銀座4-4-5 ミキモトビルB1階

営業時間 ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー17:30~22:00(L.O.)
※ウエイティングルームは11:00からご利用いただけます。
定休日 日曜、年末年始

ミキモト銀座4丁目本店

ブランドの世界観を表現したラグジュアリーな空間が誕生

ミキモト銀座4丁目本店 ハイジュエリーの5階フロア

日本が世界に誇るハイジュエラー『ミキモト』。1893年、創業者の御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功し、それまで偶然の産物でしかなかった真珠の美しさは、世界中に知られることになった。

 1899年には、銀座に日本初の真珠専門店を設立。「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた創業者の思いを受け継ぎ、パリやニューヨーク、ロンドンをはじめ、香港や中国本土、シンガポール、タイなど、アジアでも広く店舗を展開している。

 その旗艦店である『ミキモト銀座4丁目本店』が、さらにエレガントでラグジュアリーな空間に生まれ変わり、訪れる人を魅了している。

 新店舗のコンセプトは、ミキモトの原点である美しい真珠を育む「自然」。「春の海の輝き」をイメージした開放感あふれるファサードがそれを象徴する。約4万個のガラスピースを使用した不思議な透明感と深みのある輝きが、銀座の街の新しい景観を織り成す。

ミキモト銀座4丁目本店 ジュエリーコレクション「Praise to Nature」

宝飾店として世界有数の売り場面積を誇る店内は、1~7階で構成。グランドオープンを記念して新たに発売するコレクション「Praise to Nature」をはじめ、ハイジュエリーからデイリーに使える上質なジュエリー、ブライダルジュエリーなど多彩な商品のラインナップがそろう。創業以来、素材の生産・調達からデザイン、販売まで一貫体制を貫くミキモトならではのクリエイティビティあふれるジュエリーに、虜にならずにはいられないだろう。

 4階から6階はそれぞれ、パールネックレス、ハイジュエリー、ブライダル専門フロア。とくに5階のハイジュエリーフロアは、1世紀以上におよぶミキモトの歴史と矜持の結晶といえる。

 天井と床には、1937年のパリ万博に出品した逸品である帯留「矢車」のモチーフを取り入れ、壁面装飾には真珠を含む海の泡や波をイメージしたオリジナルデザインの西陣織を使用。洗練を極めた空間で、ミキモトのクラフツマンシップとデザイン力を結集したハイジュエリーを選ぶことができる。

 7階には、イベントスペース「ミキモトホール」を設け、新作ジュエリーの展示会や日本をはじめ、世界の文化や芸術を紹介する企画展などを開催する。

 比肩なき輝きに満ちた新しい『ミキモト銀座4丁目本店』。伝統を踏襲しつつも、常に時代をリードし、美しく進化する銀座の街を象徴する存在になりそうだ。

ミキモト 銀座4丁目本店

ミキモト 銀座4丁目本店

東京都中央区銀座4-5-5

営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休

03-3535-4611

www.mikimoto.com

2017.08.22

  • 記事に掲載の金額は取材当時の料金です。
  • 掲載記事は更新当時の情報になります。優待・イベント期間が終了している場合や、最新の店舗、価格、在庫状況とは異なることがあります。