加盟店でのご利用方法

国内加盟店

代金精算時にカードをご提示いただくと、加盟店から利用日、利用金額等が印字された売上票を渡されますので、内容をご確認のうえあらかじめカードにご署名いただいたサインと同じサインを売上票に記入し、お客様控えをお受け取りください。お客様控えは大切に保管してください。なお、ICカードについては以下の「ICカードのご利用について」のリンクからご参照ください。

  • JRのチケット販売機などでは、本人確認のため暗証番号が必要になることがあります。

公共料金や電話代などのお支払いにカード決済をご利用の方へ

カードの再発行等でカード番号が変わったり、カードの有効期限が到来または変更となった場合、当社はその情報を各事業者へ連絡していませんので各事業者が保有するカード情報は自動的には更新されません。つきましては、会員様ご自身でご利用の事業者へカード情報の変更をお申し出ください。

通信販売加盟店

商品を購入される際には商品代金や送料などの金額をよくご確認のうえ、通信販売加盟店所定の方法によりお申し込みください。
ダイナースクラブのカード番号は14桁のため、カード番号入力時はご注意ください。
入力の仕方は通信販売加盟店により異なります。

有効期限を正しくご入力ください

お手元のクレジットカードをよくご確認のうえ、正しい有効期限をご入力ください。 有効期限はカードの更新ごとに変更されます。お客様ご自身でカード情報を登録されているウェブサイトがある場合は、有効期限が最新の登録になっているかを定期的にご確認ください。

有効期限を正しくご入力ください

カードの有効期限は『月/年』の順で表示されています。 例えば、有効期限が「12/18」と表示されている場合は、2018年12月となります。

  • 有効期限の『年月』にご注意ください。
  • 有効期限情報が欠落していたり誤っていた場合、カード発行会社はその販売承認依頼をお断りすることがありますのでご注意ください。

セキュリティコードが必要になる場合があります

オンライン上でのお買い物や通信販売加盟店でカードをご利用になる際、加盟店によってはお客様のカード番号、有効期限に加え「セキュリティコード」が必要になる場合があります。

セキュリティコードが必要になる場合があります

セキュリティコードは、カード裏側のサインパネルに印字されています。

サインパネルに表示されている数字の下3桁がお客様のセキュリティコードとなります。

  • カードの更新・再発行などの理由からカード番号や有効期限が変更になった場合、セキュリティコードも変更されます。
  • 海外加盟店の場合、セキュリティコードは「CVC」「CVV」「CVV2」「CARD VERIFICATION NUMBER」などと表記される場合があります。
  • セキュリティコードを必要とする加盟店がカード発行会社に対し販売承認依頼を行う際、同時にセキュリティコード情報もカード発行会社へ送られます。万一、セキュリティコード情報が欠落していたり誤っていた場合、カード発行会社はその販売承認依頼をお断りすることがあります。

PayPalご利用に際してのご注意

ネットショップ、ECサイト(商品/サービス販売サイト)などではPayPal決済を選べる店舗やサービスが増えています。 PayPalユーザー登録画面でDiscover(ディスカバー)をお選びになるとDiners Club(ダイナースクラブ)が決済用カードとして登録できる状態にあります。 しかしながらPayPalは海外加盟店としての契約となり弊社とは外貨での精算となります。そのためダイナースクラブカードでPayPal決済を行った場合、 円表示であっても米ドルか、あるいはその他の外貨で請求されます。換算する際のレートはPayPal側の採用しているレートで外貨に換算された後、当社の換算レートで円に再換算されるため、実際に会員様へ請求する金額は店舗の円表示金額より高くなる可能性があります。
なお、PayPal決済時には取引履歴画面およびPayPalからの確認メールが配信され実際の取引外貨額が通知されますのでご確認いただきますようお願いします。

海外加盟店

原則国内での利用と同じですが、ご利用手順が異なるケースがございますのでご注意ください。またお客様が売り上げ伝票にご署名された時点でお買上げ金額をご承認された事になります。ご署名される前には、現地通貨の桁数等、ご確認ください。

レストランにてチップを自動加算する端末について

特に米国ではレストランのサービスに対しチップを支払う商習慣により、15%相当を自動で加算する加盟店がございます。この分はあくまでもお客様の気持ちですので、お支払いの義務ではございません。もし疑問がございましたら、サインをされる前にレストランにお問い合わせください。サービスチャージは、お客様がレストランご利用時に承諾されたもので、通常20%~30%です。チップとは異なりますのでご注意ください。

海外ホテル、チェックイン時のご注意について

ご滞在期間を考慮して、あらかじめご利用総額相当の金額を仮利用として端末を通し、チェックアウト時に正確な総額にて最終ご利用額として確定いたします。その際、冷蔵庫等お部屋代以外で清算がお済みでないご利用分がある場合は、後日お客様のカードにご請求が参ります。

お客様ご自身で操作する端末について

一部の国、加盟店では、お客様がご自身で端末にカードを通したり、デビットカード、クレジットカードの選択ボタン、暗証番号、売り上げ確定等の入力を要求されるケースがございます。その場合は店員の指示に従ってください。

ワイヤレスの端末について

レストラン等でお席にて暗証番号を入力するケースがございます。番号を盗用目的で監視されているかも知れませんので、ご入力の際は周囲に見えないようにご注意ください。

ICカード対応端末が普及している加盟店について

ICカードの取引では、原則、暗証番号の入力が必要です。また、一部の地域では4桁を超える暗証番号の入力をもとめられる端末が存在します。 その場合も4桁の暗証番号を入力後、Enterを押してください。

磁気カードのご利用について

磁気カードの場合、暗証番号の入力は必要ありませんが、磁気カードに対応している端末での決済となります。

  • ただし、駅の券売機など一部の加盟店では磁気カードであっても暗証番号の入力が必要な場合があります。ご旅行などの前に暗証番号をご確認ください。

高額のご利用を予定されている場合

海外旅行や高額なお買い物、お支払いまでの累積のご利用が通常よりも高額になりそうな際には、事前にお知らせいただけるとよりスムーズにカードをご利用いただけます。

海外でのご利用について

海外加盟店ネットワーク

海外加盟店ネットワーク

海外へご旅行やご出張で

世界2,600万店以上の加盟店でダイナースクラブカードをご利用いただけます。