貴方の理想を形に―

京都のクラフツマンに依頼する
上質な「お誂え」展示・オーダー会

完全予約制

次の100年のために、愛着の逸品を誂(あつら)える

京都を中心とした伝統技を用いて他にはないものづくりを手掛けるKiwakotoが、培ってきたノウハウを活かして、『お客様一人ひとりの理想のアイテム』を京都のクラフツマンに誂えてもらうイベントを開催します。
イベントでは7名の著名⼈、⽂化⼈の⽅々そしてラグジュアリーブランドが誂えた逸品を展示します。

Kiwakoto HP : https://kiwakoto.com/bespoke

見どころ

京都には千年の時を経て受け継いできた伝統技が数多あり、永く愛用いただくためのものづくりの技術が残っています。かつて、貴族・皇族・文化人といった限られた方のわがままなオーダーを形にするために発展してきた伝統技。
Kiwakotoが、お客様とクラフツマンとのものづくりの『伴走役』となることで、たった一人のお客様の理想を実現します。私たちがお届けするのは、愛着の逸品と心豊かに過ごす日々です。

本取り組みに共感いただいた名⼠とKiwakoto、クラフツマンが半年以上をかけて製作した名⼠のこだわりの誂え品をご覧いただけます。
会場では、お客様のご要望を専⾨スタッフがお伺いし、こだわりの逸品をお誂えいただけます。クラフツマンによるプレゼンテーションや実演などを予定しています。

【お誂えいただいた⽅々】

朝吹真理⼦(作家)、⽚岡千之助(歌舞伎役者)、⼩⽊ “Poggy” 基史(ファッション・キュレーター)、坂本⿓⼀(⾳楽家)、庄司夏⼦(オーナーシェフ)、妹島和世(建築家)、デルヴォ―(ラグジュアリーレザーグッズメゾン)

【クラフツマン 】

⼩倉智恵美(⽵⼯芸作家)・桶屋近藤(指物師)・開化堂(茶筒)・加地織物(⻄陣織)・⿊⽥⼯房(建具)・せいわ⼯房(指物師) 染司よしおか(草⽊染)・⾼島新(漆芸 蒔絵)・堤浅吉漆店(漆精製)・中村譲司(陶芸家)・⾺場染⼯(⿊染め)・兵働知也(指物 師)・マスミ鞄嚢(⾰鞄製作)・村⽥ 好謙(漆芸 蒔絵)・村⽥紘平(引箔作家)・吉⽻與兵衛(⾦⼯)

開催概要

開催日時

2021年2月24日(水)~ 2月28日(日)
9:00~19:00閉場 (最終日は17:00閉場)

ご希望日時を以下よりお選びください(各回定員3組様まで)
2月24日(水)      
9:00 / 11:00 / 13:00 / 15:00 / 17:00
2月25日(木)      
9:00 / 11:00 / 13:00 / 15:00 / 17:00
2月26日(金)      
9:00 / 11:00 / 13:00 / 15:00 / 17:00

2月27日(土)    
11:00 / 13:00 / 15:00 / 17:00 
※展示は一般公開
2月28日(日)     
11:00 / 13:00 / 15:00(最終回)
※展示は一般公開

 
  • 2月27日 / 28日は、一般公開の期間ですが、専門スタッフによるアテンドとオーダーのヒアリングを別室で行います。
会場

誉田屋源兵衛(京都市中京区室町通三条下る)

料金

入場無料/完全予約制

ダイナースクラブ会員特典

ご予約、ご来場いただいた会員の方限定。

Kiwakotoオリジナル 西陣織マスクをプレゼント!

西陣織マスクイメージ

西陣織を用いて丁寧につくり上げたマスク
裏地の機能性にもこだわり、蒸れにくい速乾吸汗のスポーツウェア素材を採用し、日焼けをしにくいUVカットも施しました。

  • 画像はすべてイメージです。

企画主催 Kiwakoto produced by A-STORY Inc.

Kiwakotoロゴ

A・STORYは、京都を中⼼に64年カーディーラーを展開するマツシマホールディングスのグループ会社として2018年設⽴。
「残すべき価値を抽出・再編し、未来へ届ける」をコーポレートミッションに伝統⼯芸・⽂化体験を軸に事業展開を⾏う。メイン事業のKiwakotoは、現代のライフスタイルに沿った複合的にデザインしたアイテムをクラフツマンと共につくり出す。

連携  京都市産業観光局クリエイティブ産業振興室

京都市ロゴ

予約お申し込み

予約お申込み期間:2021年2月1日(月)~2021年2月22日(月)

Kiwakoto (株式会社A・STORY(ア・ストーリー))

075-212-0500

10:30~18:30

【e-mail】 info@kiwakoto.com