SIGNATURE 2018 3月号
52/84

しちけんノート新銘酒「境七賢」の地ふるさときめこまやかな泡となめらかな舌ざわり。すっきりと透き通った香調白州の杜と水が奏でた、発泡のスパークリング第2回i II「SAKECOMPETSuper Premum部門の1位と、「ダイナースクラブ若手奨励賞」のダブル受賞に輝いた山梨の銘酒「七賢」。その若き杜氏が、数年前から精魂込めて取り組むのが、瓶内二次発酵のプレミアムな日本酒スパークリングだ。第1弾「山ノ霞」を磨き上げた「星ノ輝」そして、ウイスキー樽で低温熟成させた「杜ノ奏」によって、日本酒でなければたどり着けない、ラグジュアリーな、発泡の新たな境地が、ここに誕生した。写真・永田忠彦 文・髙杉公秀 撮影協力・木本硝子TON 2017」で、58Photographs byTadahiko NAGATAText byKimihide TAKASUGI

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る