EVENT REPORT & INFORMATION

心を満たす
“古都の迎賓館”の
サロンコンサート
2015年6月27日(土)開催 「古都、京都で堪能する
ベーゼンドルファーのしらべ」レポート

写真・福知彰子

明治42年(1909年)、“煙草王”と呼ばれた実業家・村井吉兵衛が、国内外の賓客をもてなすための迎賓館として京都に建設した「長楽館」。ヨーロッパのさまざまな建築様式を取り入れた館内には各界の錚々たる人物が集い、鹿鳴館をしのぐともいわれた華やかなひとときを過ごしたそうです。

 そんな華麗な歴史の面影が今もなお残るこの“古都の迎賓館”で、「ウィーンの至宝」ベーゼンドルファーのサロンコンサートが開催されました。

 長楽館とベーゼンドルファーには、じつは浅からぬ縁が。1828年に音楽の都・ウィーンで誕生したベーゼンドルファーは、数多くの大作曲家、巨匠と呼ばれるピアニストの助言によって研究と改良を重ね続け、「ウィンナートーン」と呼ばれる美しい音色を生み出しましたが、中でも交流が深かったのが、超絶技巧のピアニストとしてヨーロッパ中を沸かせていたフランツ・リストでした。そして、音楽家として円熟期に入っていたリストの演奏をウィーンで聴き感銘を受けたのが、後に長楽館の名付け親となる伊藤博文だったのです。

この日のコンサートのために用意されたピアノは、ウィーンにあるヨハン・シュトラウス記念館に保管・展示されているベーゼンドルファーを復刻した「ヨハン・シュトラウス モデル」。流れるような曲線を描くそのフォルムがサロンの優美なたたずまいに調和し、訪れたお客様から感嘆のため息がこぼれます。

 そして、2014年度第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞を受賞された京都市在住のピアニスト、イリーナ・メジューエワさんによる演奏会が始まりました。「至福のピアニッシモ」が会場を優しく満たすバッハ、シューベルト、ショパン。低音から高音まで鮮やかに駆け巡り、音の粒が降り注いでくるようなリスト、ラヴェル、ムソルグスキー……。

ときに繊細に、ときにダイナミックに、ピアノという楽器の魅力を余すところなく引き出すプログラムは、コンサートのナビゲーターを務めた坂田康太郎さん(音楽プロデューサー)によるもの。拍手の後も、すべてのお客様の心に長い余韻が残ったのではないでしょうか。音の世界に酔いしれた後はティーサロンに部屋を移し、“古都の迎賓館”にふさわしい優雅なひとときをお楽しみいただきました。

 ウィーンの至宝、ベーゼンドルファーの魅力をご堪能いただいたスペシャルなコンサート。次回は、8月に東京で開催いたします。ぜひご参加ください。

Event Information

ウィンナートーンとヴァイオリンの至高のアンサンブル ピアノの芸術品 ベーゼンドルファー スペシャルコンサート

ウィーンの至宝、ベーゼンドルファーの魅力をヴァイオリンの音色とともにご堪能いただくスペシャルコンサート。ベーゼンドルファーのフラッグシップモデル インペリアルの音色を、ヴァイオリンのアンサンブルでお届けします。
ピアノは、独奏はもちろんのこと、他の楽器と合わせることにより、独特の響きを醸し出します。今回はピアニストに長尾洋史さん、ヴァイオリニストに枝並千花さんをお迎えします。ぜひ、この機会にウィンナートーンと呼ばれるリッチな音色とヴァイオリンのアンサンブルをご堪能ください。終演後はドリンクとオードブルをお楽しみいただきます。

出演者

ピアノ:長尾洋史

東京藝術大学 大学院修士課程修了。パリ・エコールノルマルに留学。主要オーケストラとの共演や音楽祭に多数出演のほか、ソロ、室内楽も活発に行っている。

ヴァイオリン:枝並千花

桐朋学園大学音楽学部卒業。2003年第24回ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール優勝。その後、幅広い分野で活動。桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室非常勤講師。

ナビゲーター

©Kei Uesugi

坂田康太郎(音楽プロデューサー)

クラシックコンサートや海外のオペラ招聘に携わりながら、企業の芸術、文化メセナ活動や若手芸術家達を支援している。わかりやすいオペラ・クラシック音楽解説で各メディアに多数出演。クラシック、オペラサロンを多数実施。CDライナーなどの解説、音楽誌、機内誌、ファッション誌、芸術誌にコラムを執筆。

ベーゼンドルファー東京 展示サロン

開催日時 2015年8月29日(土)
13:30開場/14:00開演/15:00終演
  • ※ 終演後はドリンク、オードブルをご用意します。本プログラムは16:00終了を予定。
会場 ベーゼンドルファー東京 展示サロン
(東京都中野区本町1-32-2 ハーモニースクエア内 ハーモニータワー1階)
募集人数 先着40名様
参加費 お一人様3,500円
(ドリンク・オードブル・税・サービス料込)

ご注意事項

  • 会員1名様につき最大4名様までお申し込みいただけます。
  • お申し込みは先着順となります。定員に達し次第、お申し込みを締め切ります。
  • ご案内状は、2015年8月中旬の発送を予定しています。
  • ご案内状発送後のキャンセルはご遠慮ください。
  • 未就学児童を伴ってのご参加はできません。
  • 非会員の方だけでのご参加はできません。
  • 現地集合、現地解散となります。
  • ダイナースクラブウェブサイトに、当日の様子を撮影した写真をイベントレポートとして掲載させていただく場合があります。
    あらかじめご了承のうえお申し込みください。
  • 天変地異、その他やむを得ない事情により、内容の変更や開催を中止する場合があります。

受付開始日:
2015年7月22日(水)10:00~

お申し込み・お問い合わせは、ダイナースクラブ イベントデスクまで

0120-508-800

[月~金 10:00~18:00/土・日・祝日休]

ピアノの中で息づく、コクトーの感性。

Cocteau ベーゼンドルファー・リミテッド・エディションモデル コクトー

詩人であり、デザイナー、劇作家、芸術家、そして映画監督でもあったジャン・コクトー。オルフェウス神話への傾倒でも知られ、竪琴の名手・オルフェに魅せられた彼は、それを題材に三部作の映画を制作したほどでした。Cocteau Modelは、コクトーが描いたオルフェのイラストを、彼自身も好んで用いたシルクスクリーン手法で再現したこだわりの逸品です。仕上げは白と黒の2種類。全世界12台限定。(受注生産品)

2015.07.16

この内容に興味がありましたか?