コンセプチュアルな旅のすゝめ No.8 冬じゃないニセコ。自然を感じるロングステイ

トップシーズンには、パウダースノーを目当てに世界中から人が集まりお祭りのような賑わいを見せる、日本屈指のウィンターリゾート・ニセコ。でも、その魅力は冬だけにあらず。羊蹄山の懐に抱かれた、ダイナミックで開放的な秋のニセコで、心洗う滞在型バケーションを。

文・片岡えり 写真・川島一郎

Text by Eri Kataoka 
Photographs by Ichiro Kawashima

自然とひたすら戯れる

 本州では残暑が厳しく、亜熱帯のような夏日が続く9月でもニセコは快適。晴天の日は25度前後と気温は高いものの湿気は少なく、アウトドアを目的にするなら、まさにベストシーズン。朝晩は涼しく、室内でもエアコンなしで過ごせるはずだ。9月下旬から色づき始める紅葉は、10月半ばに見頃を迎える。燃えるようなナナカマドの赤、黄色く染まるダケカンバ。登山もいいし、ニセコから岩内町へ抜けるパノラマラインをのんびりドライブするのも楽しい。

 ニセコビレッジには、10月10日までの期間限定で営業する自然体験グラウンド『ピュア』がある。広大な敷地を活かした、大人も楽しめるアクティビティの数々。なかでも、スケールの大きいフィールドアスレティックが、林の中で吊り橋やロープを渡り木から木へと移動するツリートレッキングだ。童心に帰って、20分から40分間の冒険を。

 さらにおすすめなのが、全長約1.4km、最長エリア約250m、最大約20mの高さを、ワイヤーと滑車で滑り降りるジップラインツアー。山岳の用具を使用しガイド付きで森の中を空中滑降する2時間が、スリリングな快感とともに、空と風と緑と一体になる喜びを教えてくれる(9月19日[月・祝]まで営業)。

 ニセコビレッジは、ゴルファーにとってもパラダイス。ホテルに隣接する『ニセコビレッジゴルフコース』は、正面に羊蹄山を望む、白樺とカラマツにセパレートされた18ホール。ワールド・ゴルフ・アワードの「日本国内ベストゴルフコース部門」を2年連続で受賞するなど圧倒的な美しさを誇るコースだ。乗用カートでフェアウェイに乗り入れることもでき、セルフプレーのラウンドスタイルでプライベート感を満喫したい。国内でも珍しい、レギュラーで704ヤードのパー6に挑戦し、自分史上最大の飛距離を目指してみては?

 もう一つ、車で20分ほどの距離にあるのがアーノルド・パーマー設計の『ニセコゴルフコース』。こちらもフェアウェイに乗り入れ可能な乗用カートを使用するが、雄大な地形と自然のアンジュレーションに高い戦略性が求められ、シングルプレイヤーにとっても、チャレンジしがいのあるラウンドになるはずだ。

 そしてここにきたら乗馬もぜひ体験してほしい。敷地内にある『ニセコカントリーファーム』で育てられている穏やかな気質の馬にまたがり、ビギナーなら引き馬やインストラクターとのタンデム(2人乗り)を。多少経験がある人は、20分からのホースバックライディングを楽しんで。アップダウンのないグラウンドなので、腰への負担は少ないが、翌日には心地よい筋肉痛を感じるかもしれない。人が多かった夏を過ぎ、のどかな秋を過ごす馬はやさしくゆったりと、あなたを迎え入れてくれるだろう。

暮らすように旅する

 ニセコビレッジの中心に新たに誕生したラグジュアリーな宿泊施設、タウンハウス『カサラ』。自然と調和する日本古来の落ち着いたデザインに、スタイリッシュな西洋のエッセンスが融合した、暮らすように滞在できる2階建て3LDKだ。1階には、車庫と独立したカウンターキッチン、和室ダイニングルームとベッドルーム。2階には、リビングとベッドルームが2つ。1つのユニットに大人6名まで宿泊できる。窓からはビレッジの森の向こうに羊蹄山を眺め、鳥のさえずりで目覚める朝。忙しい毎日で疲れた心を癒し、ゴルフやアスレチックで動かした体をリラックスさせるロングステイに最適な空間だ。

 2階にあるマスターバスルームの檜の浴槽は、著名な園芸家であり造園設計家でもあるジェイミー・デューリーによる設計。

 温泉を楽しみたいなら、徒歩1分の『ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ』内のグリーンリーフ温泉を利用して。源泉かけ流しのナトリウム泉は体の芯から温めてくれ、美肌成分も豊富。

 敷地内には、4つのレストランと買い物が楽しめるショッピング&ダイニングエリアもあるが『カサラ』に滞在したら、ぜひタウンハウス内で食事を。近隣のニセコビュープラザ道の駅には、採れたてのフレッシュな農産物がいきいきと並んでいるし、美味しいワインの供が見つかる、チーズ工房もある。みずみずしくて味の濃い野菜は、シンプルに切って焼くだけで贅沢なご馳走になるし、料理の腕をふるうのに十分な広々としたキッチンや、ゆったりしたダイニングを利用しない手はない。買い物が面倒なら、リクエストに応じて事前に食材を用意してくれる「グローサリハンパース」のサービスも。

 朝日とともに目覚め、思いっきり体を動かして汗を流す。新鮮な山の幸を味わい、暗くなったらベッドに入る。硬くなった体をほぐし、心を洗濯するロングステイが、自然と共存してシンプルに生きる幸福感を教えてくれるだろう。

※出張手打ち蕎麦は1日1組様限定

旅のColumn 出張蕎麦職人のそば打ちサービス

外には出たくないけれど、旅先に来てまで料理をしたくない、というなら、オプションサービスでシェフがタウンハウスで調理をしてくれる「シェフ・インハウス」をオーダーしてはいかが。出張サービスは、そば打ち体験を兼ねた和食コースと、「ニセコグルメ」というモダン・フュージョン・キュイジーヌのどちらかを好みで選べる。

Information

カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス
北海道虻田郡 ニセコ町東山温泉

ご宿泊のご予約・お問い合わせ

0136-44-3311

http://www.kasara.com/nisekovillage/ja/

*前回取材のNo.7「山桜にほふ春の嵐山」も併せてご覧ください。

2016.08.22

この内容に興味がありましたか?