こだわりワイン名鑑vol.2

100種類以上の中から厳選︕「ブノワ(BENOIT)」ソムリエおすすめの『発⾒』があるワイン5選

ブノワ厳選ワイン⼀覧

ダイナースクラブの厳選されたレストランから、ソムリエこだわりのワイン情報をお届けする「こだわりワイン名鑑」。

第2回⽬に訪れたのは、ハイセンスなショップが⽴ち並ぶ、⽂化の発信地、東京・⻘⼭に店舗を構える「ブノワ」。100年にわたって、パリで今も愛されている⽼舗ビストロをアラン・デュカス⽒が受け継ぎ、2005年にオープンした。アラン・デュカス⽒の全てのレストランのワインを統括するジェラール・マルジョン⽒のイベントを開催するなど、パリさながらの雰囲気と味が魅⼒。

南仏の邸宅のような居⼼地の良いビストロで味わう、フランスの家庭料理

アンティークの調度品が出迎えるエントランスから螺旋階段を登ると、⼤きな窓が印象的なダイニングが広がる。店内を彩るアンティークの数々はフランスの蚤の市などでアラン・デュカス⽒が⾃ら選んだもの。

南仏の邸宅のような華やかで居⼼地の良い空間で供されるのは、フランスの地⽅料理を⼀流の技術でアレンジしたメニュー。季節の新鮮な野菜にベーコン、砂肝などを合わせた“サラダ・ブノワ”やパテなど、ワインと相性の良いメニューばかり。季節の果物を使ったデザートも⾒逃せない。

ワインはシャブリ、ボルドー、ブルゴーニュなど、フランス各地⽅を中⼼に、100種類以上を揃える。

ブノワ 内観
料理イメージ

※写真はイメージです。

総⽀配⼈、シェフ・ソムリエ永⽥良憲さんが紹介する、
“発⾒”のあるワイン

「ワインは、予備知識があることで、『⾯⽩さ』、『おいしさ』が増します。私たちはツアーガイドのような存在かもしれません」という、総⽀配⼈、シェフ・ソムリエの、永⽥良憲さん。今回のおすすめは、地⽅のブドウ品種からつくられているワインなど、⼀般的にはまだあまり知られていないラインナップ。

シェフ・ソムリエ永⽥良憲さんインタビュー⾵景

「ブノワ」ソムリエが厳選するワイン5本のご紹介

1. ペルナン・ヴェルジュレス 2018(Pernand-Vergelesses 2018)

ペルナン・ヴェルジュレス 2018(Pernand-Vergelesses 2018)⽩
ペルナン・ヴェルジュレス 2018 エチケット

バランスが良く、綺麗なまとまりを⾒せる、ブルゴーニュのシャルドネ。⻩⾊いフルーツのフレッシュな⾹り。樽感もほどよく感じられ、飲み終わった後に、⼝の奥から⿐に⽊の燻した⾹りが戻ってくる。豚、鶏などの⽩い⾁をシンプルに焼いたものや、焼き⿃のように、少し焦げ⽬の⾹りがありつつ、脂の⽢味と塩気で⾷べる料理とも合う。

「コルトン・シャルルマーニュという⾼級ワインを⽣産するコルトンの丘、その⻄側にあるペルナン・ヴェルジュレスという村でつくられています。コルトンの丘の他の2つの村に⽐べて⽇照量がとれない分、きれいな酸味が味わえます。⽇本では、あまり知られていませんが、王道で、かつコストパフォーマンスが⾼いワインです」

2. パシュランク・デュ・ヴィク・ビル 2016(Pacherenc du Vic-Bilh Sec 2016)

パシュランク・デュ・ヴィク・ビル 2016(Pacherenc du Vic-Bilh Sec 2016) ⽩
パシュランク・デュ・ヴィク・ビル 2016 エチケット

アンズやカリンを少し煮詰めて⽢くしたようなリッチな⾹りと、ワインとしての酒質の濃さが特徴。そしてハチミツが少し焦げたニュアンスも感じられる。クリームソースのかかった鶏料理など、クリーミー、濃厚な料理と合う。焼いたホタテ⾙などとも合う。フランス南⻄地⽅、プティ・クルビュという、フランスでもあまり知られていないブドウをベースに、樽をしっかり使い、ボリューム感を出すスタイルでつくられている。ブドウ品種はプティ・クルビュ、プティ・マンサン。

「シャルドネより、しっかりした⽩が飲みたいというときに。メインをはれる⽩です。⼀般的に⽊樽を使うと価格が上がりますが、1万円以下で楽しめるタイプ。低価格なのに、こんなワインがあるという新しい発⾒ができる、ブノワらしい1本です」

3. コート・ド・プロヴァンス・ロック・エンジェル 2020(Côtes de Provence・Rock Angel 2020)
ロゼ

コート・ド・プロヴァンス・ロック・エンジェル 2020(Côtes de Provence・Rock Angel 2020) ロゼ
コート・ド・プロヴァンス・ロック・エンジェル 2020 エチケット

凛としたミネラル感に、⽩い花の⾹りやキャンディのような⾹り。フランボワーズや⾚い果実の⾹りが美しく⾁付けをしていくようなスタイル。オレンジ褐⾊の⾊合いで、同じ⾊調のサーモンやテリーヌ、素材⾃体にしっかりした味があるものとのマリアージュがおすすめ。ブドウ品種は、グルナッシュを主体にヴェルメンティーノを混醸。

「フランスをはじめ、世界でロゼの⼈気が⾼まっています。その新しい波をつくったのが、このデスクランという造り⼿。他のエリアのワインビジネスで⼤成功を収めて、世界⼀おいしいロゼをつくるというコンセプトで造ったのがこのワイン。ロゼでも、こんなに飲みごたえがあったのかと思わせてくれます」

4. シャトーヌフ・デュ・パプ レゼルヴ オーギュスト・ファヴィエ 2019
(Chateauneuf du Pape Reserve Auguste Favier 2019)

シャトーヌフ・デュ・パプ レゼルヴ オーギュスト・ファヴィエ 2019(Chateauneuf du Pape Reserve Auguste Favier 2019) ⾚
シャトーヌフ・デュ・パプ レゼルヴ オーギュスト・ファヴィエ 2019 エチケット

樹齢40年~100年のグルナッシュの古樹をベースにつくられた、えぐみのない、まろやかで濃厚な味わい。煮詰めたカシスやブラックチェリー、プルーンといった⿊いフルーツの⾹り、またオリエンタルスパイスの⾹りも感じられる。まるで、⿊い球体のような圧倒的な果実味が楽しめる。煮込み系全般、ジビエ系とよく合う。ブドウ品種は、グルナッシュ、シラー、サンソー。

「ローヌ地⽅にあるサン・プレフェールは、元銀⾏員という変わった経歴を持つイザベル・フェランド⽒が当主になってから、⼀躍注⽬を浴びるようになったドメーヌ。当店にも来ていただいたことがあります。どんどん評価が上がっていて、いずれ買いたくても買えない⽣産者になるので、今こそ飲んでいただきたいですね」

5. シノン クロ・ド・ラ・ディオテリ 2015(Chinon Clos de la Dioterie 2015)

シノン クロ・ド・ラ・ディオテリ 2015(Chinon Clos de la Dioterie 2015) ⾚
シノン クロ・ド・ラ・ディオテリ 2015 エチケット

カシス、ブラックベリーといった⿊いフルーツの⾹り。果実味がしっかりあり、酸がきれいに乗ったまろやかな⼝当たりがエレガント。テリーヌから⽜⾁まで、焼いた料理であればどんな素材とも幅広く合う。ロワール地⽅の⾚ワインの代名詞であるシノン。そのトップ⽣産者である、シャルル・ジョゲの上級キュヴェは評価が⾼く、このワインもその1本。ブドウ品種は、カベルネ・フラン。

「葡萄畑は丁寧に管理されており、その畑に植わるのは樹齢80年以上のカベルネ・フラン。ミディアムボディとしては、⾮常に完成度が⾼い。ボルドーやブルゴーニュで同じ価格だと、ミドルレンジになりますが、ロワーヌ地⽅などでは、その⼟地の最⾼峰のものが飲めるということも、おすすめするポイントです」

ランチは明るい⽇差しの中で、ディナーは⻘⼭の夜景を眺めながら、ワインを通じてさまざまな“発⾒”を楽しんではいかがだろうか。


この記事でご紹介しているワイン

  • 2018 Pernand-Vergelesses / Joseph Drouhin
    ペルナン・ヴェルジュレス / ジョセフ ドルーアン
  • 2016 Pacherenc du Vic-Bilh sec / Les Jardins de Bouscassé / Château Bouscassé
    パシュランク・デュ・ヴィク・ビル / ジャルダン・ド・ブースカッセ / シャトー・ブースカッセ
  • 2020 Côtes de Provence / Rock Angel / Château DʼEsclans
    コート・ド・プロヴァンス / ロック エンジェル/シャトー デスクラン
  • 2019 Châteauneuf-du-Pape / Auguste Favier / Saint-Préfert
    シャトーヌフ・デュ・パプ / レゼルヴ・オーギュスト・ファヴィエ / サン・プレフェール
  • 2015 Chinon / Clos de la Dioterie / Charles Joguet
    シノン / クロ・ド・ラ・ディオテリ/シャルル・ジョゲ
  • ご紹介のワインは、ご提供を終了している場合があります。

ジェラール・マルジョン⽒のご紹介

ジェラール・マルジョン⽒

フランス東部、ボーヌ出⾝。2000年よりアラン・デュカスのエグゼクティブ・シェフ・ソムリエ就任。経済誌フォーブスでは“世界で最も影響⼒のあるソムリエ”に選ばれたことも。アラン・デュカスの全てのレストランのワインを統括しており、記事中でご紹介しているワインのセレクトについても監修いただいた。

ブノワ(BENOIT)

住所︓〒150-0001 東京都渋⾕区神宮前5-51-8 ラ・ポルト⻘⼭10階

電話︓03-6419-4181

営業時間︓11:30〜15:30(L.O.14:00)/17:30〜22:30(L.O.20:30)

定休⽇︓年末年始(不定)

ホームページ︓http://www.benoit-tokyo.com/

年齢規定︓あり(6歳以上)

喫煙︓全席禁煙

ドレスコード︓なし

キャンセル料⾦︓ご予約日の前日21時以降のキャンセルは、キャンセル料としてランチ5,000円、ディナー7,500円から前日20%、当日80%、ご連絡のないキャンセルは100%頂戴しております。ご予約前日21時までのご連絡は、キャンセル料はかかりません。

  • 新型コロナウイルスの感染症の影響により、営業時間・定休⽇が記載と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
  • 掲載情報は4⽉時点のものです。

<ダイナースクラブ会員様優待>

BENOIT おすすめのコース料⾦を1名様無料で。6名様以上なら2名様分の料⾦が無料になるグループプランもご⽤意しています。

<ダイナースグルメ優待⼀覧>

⾷事を楽しむすべての⼈へ。

会員限定のグルメイベント、ダイナースクラブが厳選したレストランのお得な優待情報など、豊富なグルメサービスをご紹介します。

パリさながらの雰囲気と味が魅力の「ブノワ」のソムリエが100種類以上の中から厳選する、こだわりのワイン5本をご紹介。